عربي English עברית Deutsch Italiano 中文 Español Français Русский Indonesia Português Nederlands हिन्दी 日本の
Knowing Allah
  
  

   

1: 慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において(ビスミッラーヒッラフマーンニッラヒーム)と言う。

2:三度手を洗う。

3:顔を洗う前に鼻と口をすすぐ。

4:左手で鼻を洗浄します。ブハーリとムスリムの伝承で それは預言者(彼に平安あれ)が「三度手を洗い、口をすすぎ鼻から水を入れて吹いて洗浄した後、顔を三度洗いました」とあるからです。

5:断食をしていないのなら、口をゆすいでから大げさなほどに鼻から水を嗅ぐように吸い込んで洗浄する

6:同じ一握りの水で口と鼻を洗浄する。「預言者様は(水の容器)に手を入れて、口と鼻をすすぎました」(ブハーリとムスリム)というハディースのためです。

7:口をすすぐ前に、スティック(シワック)を使う。預言者(彼に平安あれ)は「私のウンマのために重荷でなければ、私は彼らの全ての礼拝の前にシワック(歯を掃除するスティック)を使用するように命じていただろう。

8:顔を洗う際に髭に濡れた指をくぐらせる。それは、預言者(彼に平安と加護あれ)が清めを行う間、彼の濡れた指を髭にくぐらせていたという アル ティルミズィ伝承のハディースで言及されている。

9:頭を拭く。これは次のように実行されます:濡れた手で頭の正面から上を通って後部まで 吹きます。

10:指やつま先の間に濡れた指をくぐらせる。預言者(彼に平安と加護あれ)は、「完全にあなたの清めを行い、指で指の間(つま先)にも水をくぐらせましょう」と仰せられました。

11:左の前に右の手足を洗う。ブハーリとムスリムは「預言者(彼に平安と加護あれ)は靴を履く時、髪を梳かす時、体を洗う時など全ての行動を右側からはじめた」とハデイースで伝承しています。

12:顔、手足を洗う際、3回洗う。

13:清めの後、2つの部分からなる信仰告白(シャハーダ)をする。ようするに「アッラー(神)の他に神はなし。ムハンマドはアッラーフの使徒である」と唱える。預言者(彼に平安と加護あれ)は「もしあなた方の誰かが完全に清めを行い、「アッラー(神)の他に神はなし。ムハンマドはアッラーの使徒である」と唱えたら、天国の8つのドアが彼のために開かれ、どのドアからでも望んで入ることができます。」(ムスリム)と語られています。

14:自宅で清めを行う。預言者(彼に平安と加護あれ)は「誰でも自宅で浄化し、義務の礼拝を行う為にモスクへ歩いて行く者は、彼の足跡はカウントされ罪の償いとされ、彼の順位(ランク)は上げられるでしょう」(ムスリム)と伝えられています。

15:洗浄の最中や後で四肢の上を拭う。

16:少量の水を使用します。預言者(彼に平安と加護あれ)は清めに少量の水を使用しました」(ブハーリとムスリムの伝承)

17:四肢(手を足)の範囲を洗う。アブフライラ(アッラーが彼に喜んでくださいますように)が清めを行ったとき、腕の肘まで洗い、足はつま先から足首まで洗い言いました;こうやってアッラーの使途(彼に平安と加護あれ)は清めを行いました。」(ムスリム)

18:清めの後に2ラカアット(2単位)の礼拝を行います。アッラーの使途(彼に平安と加護あれ)は「私のするように清めを行い、(礼拝へ)立ち上がり思考を紛らわされる事なく、2ラカアットの礼拝を行うものは、過去の全ての罪が償われるであろう」と仰せられました。(ブハーリとムスリムの伝承)

19:清めを完全にする。各部分を完全に洗浄する。時代の変化と共に、ムスリム(イスラム教徒)は日中に清めを行う時間が異なりますが、誰もが清めの際にはこういったスンナを覚えておく必要があります。

 

 




                      Previous article                       Next article




Bookmark and Share


أضف تعليق

以下のソフトが要る: الحجم : 2.26 ميجا الحجم : 19.8 ميجا