靴を履く際のスンナ

預言者―彼に平安あれーは「靴を履く際は、右から始めなさい。脱ぐ場合は、左から始めなさい。または両方を同時に履くか、同時に脱ぐかしなさい」とムスリムの伝承で仰せられました。

彼のスンナは、昼から夜の間まで何度も繰り返され、ムスリムは家から出る時やモスク、仕事、家、バスルームなどから出入りと帰宅時に靴を履いたり、脱いだりします。したがって、あなたが靴を履く時や脱ぐ時は預言者(彼に平安あれ)に従うという意思を持つと、善行をたくさん得る事ができるでしょう。

Previous article Next article