イスラームにおける教養(上):バグダードの書物

暴 力によって支配され続けてきたバグダードは、幾度にも渡り苦難の時を乗り越えてきました。いまやバグダードは「混乱」「死」「破壊」を連想させる都市で す。バグダードの現状は、苦痛に叫びながら、煙幕の内側で死にゆく過程にある都市です。テレビ画面に映し出される現状からは、過去にはそこに世界中の知が 集結した都市だったことを想像するのは困難かも知れません。「バグダード」と「書物」は、数百年に渡り同義語でした。家庭には本棚が並び、バグダードの市 街には書店が並んでいました。現在もバグダードの瓦礫と混乱の中で、住民たちは書物を買い求めます。「これはイラクの病気なのです。人々は食物ではなく、 書物にお金を費やすのですから。」NBCニュースのイラク人通訳者は冗談を交えてそう言います。

ヨーロッパが暗黒時代と呼ばれた時期にあったさなか、バグダードは書物に熱狂していました。ヨーロッパ中の教会では、そこにわずか数冊の本が置いてあれば幸運であると見なされていた時代、バグダードには100店もの書店が並ぶ通りがあり、それぞれが書物か文房具、あるいは双方を販売していたのです。当時の西洋世界を見渡しても、読み書きのできる人々は裕福な家庭や宗教権威に限定されていましたが、バグダード市内には30もの図書館があったのです。

預言者ムハンマドの死から200年もしない内に、小さなイスラーム国家は西はアラビア半島から北アフリカ諸国、そして東はペルシャからウズベキスタンを超え、インドよりも先の地域にまで拡大していました。チグリス川の川岸に発展した都市であるバグダードは、西暦およそ750年にイスラーム帝国の首都として制定されました。その地理的な位置は、周辺諸国はもちろん、果ては中国までの交流を可能とし、バグダードは政治上・行政上だけでなく、文化と学びの中心地となりました。

帝国の諸地域の男女はバグダードへ押し寄せ、そこへ当時の既知世界からの様々な知識をもたらしました。

ムスリム、ユダヤ教徒、キリスト教徒、ヒンズー 教徒、ゾロアスター教徒、さらに素性不明な諸宗教の人々もバグダードに居住していました。様々な書物がバグダードの生活を描写するようになりました。街路 には作家、翻訳家、写本家、啓蒙家、司書、製本家、収集家、販売者などで溢れていました。しかし、それら多様な出自の人々はつながりを共有する必要性を 持っていました。こうしてアラビア語が学問の言語として発達し、つながりが確立されたのです。

プラトン、アリストテレス、プトレマイオス、プ ルタルコスの作品はアラビア語に翻訳されました。ユダヤ人哲学者たちは、ギリシャ哲学書のアラビア語訳を通して論文などを著しました。ヨーロッパが暗黒時 代から啓蒙時代に突入した際には、帝国の基盤を取り戻すためにアラビア語の書物に頼ったのです。

バグダードで翻訳された原本の多くは、それらが 著された本国では既に消失していた場合が多々あり、アラビア語の訳本だけが残されていました。バグダードの学者たちはギリシャ、ローマ、エジプト、さらに はペルシャ、インド、中国などの古典を保持する責任を負っていました。それらの著作はアラビア語からトルコ語、ペルシャ語、ヘブライ語やラテン語などの元 の言語へ再び翻訳し直されたのです。カトリック教会のトマス・アクィナスは、バグダードの学者たちによって訳されたアリストテレスの哲学書を読み、かの有 名な「理性と信仰の調和」について著しています。

バグダードの学者たちは、名高い作品群を収集・ 編纂しただけでなく、それらを知識体系に組み込みました。彼らは天文力学といったような新たな学問の分野を開拓していき、世界に代数学や幾何学をもたらし たのです。バグダードの学者たちは、医学書としては世界初とみられる解剖図を含む眼科学の教本を制作しました。それは洋の東西を問わず、決定的な功績とな り、8世紀以上に渡り使用され続けました。

バグダードが学問の中心地となると、時のカリフ だったハールーン・アッ=ラシードとその息子のアル=マアムーンは、歴史上最も著名なシンクタンクであるバイトル=ヒクマ(英知の館)を建設しました。英 知の館に集った学者たちは、近代のそれとは異なり「専門分野」を持ちませんでした。アッ=ラーズィーは哲学者であり数学者であり内科医でもありましたし、 アル=キンディーは論理、哲学、幾何学、算定、算術、音楽、天文学について著しています。その著作の中には「一部地域に降雨が少ない理由(The Reason Why Rain Rarely Falls in Certain Places)」、「目眩の原因(The Cause of Vertigo)」、「ハトの異種交配(Crossbreeding the Dove)」などがあります。


歴史家アル=マクリズィーは、西暦1004 年の英知の館の開館について次のように叙述しています。「学生たちはそこに住み込み、他の(多くの)図書館からも本が持ち込まれました。・・・そしてそこ は一般市民にも解放されていました。そこでは誰であれ、いかなる本でも読みたければ読むことができ、複写したければそうすることができました。学者たちは クルアーン、天文学、文法、辞書学、医学などを学びました。建物はカーペットで装飾され、すべてのドアや廊下にはカーテンが掛けられており、管理者、使用 人、清掃員やその他の従業員が一体となり施設全体を維持していました。」

本は常にバグダードの生活に関わってきました。西暦11 世紀のバグダードでは、一冊の写本は「近代の本と同等の大きさで、良質の紙の裏表に文字が書かれており、革装丁されていました。」一般的な書店には、クル アーン、クルアーンの注釈書、言語学、カリグラフィ、キリスト教およびユダヤ教の聖典、歴史書、政府の関連書、裁判の記録、イスラーム以前・以降の詩、 様々な宗派の思想書、伝記、天文学、ギリシャ医学、イスラーム医学、文学、フィクション小説、旅行ガイド(インド、中国、インドシナ半島)など、数百冊も の本が並んでいました。


現在、周辺で爆撃が繰り返されるような危機的状 況の中でも、バグダードの人々は文学的遺産を捨ててはいません。瓦礫の中でも書店主は仕事に精を出しますし、バグダード市民は読書をするか、食事をするか で悩みます。イスラームには長い文学の伝統があるため、それは驚くべきことではないのです。預言者ムハンマドに下された最初の啓示は、「イクラ(読め・学 べ・理解せよ)」だったのです。

 

第2部ではクルアーン、そして預言者ムハンマドにまつわる伝承から、教養・知の探求がどのように言及されているのかについて見ていきます。

 



Previous article Next article