عربي English עברית Deutsch Italiano 中文 Español Français Русский Indonesia Português Nederlands हिन्दी 日本の
Knowing Allah
  
  

   

筆者:ユスフ エステスー元キリスト教宣教師

アブド アル モタレッブの息子のアブドッラーの息子のムハンマド(彼にアッラーの平安と祝福あれ)西暦570年ー633年

 

この記事の全ての情報は承認された書籍、筆跡、テキストまたは出来事に実際に立ち会った者に伝えられました。参考文献は多さのあまりここに述べる余裕はありませんが、それらの参考文献は時代を通じてムスリムとムスリムではない者によって偽造されずに保存されました。

 

現今、多くの人々は使途ムハンマド(彼ににアッラーの平安と祝福あれ)について好奇心を抱いています。彼は何を説いていたのか。どうして好きな人と好きじゃない人がいるのか。彼はアッラーへの導きのために自分の生涯を費やしたのか、聖人だったのか。神様の使途だったのか。その男性の真実は何でしょう。自分で判断してみてください。

 

次に数千人が語った事実を述べます。その人々のうちムハンマドを個人的に知っていた物もいます。

 

:メッカの最も偉大な部族の子孫です

:ムハンマドは「ハムド」という一つの語源からとられた名前で、ムハンマドが生きていた時代から今でも彼のためのアッラーの平安と祝福があるように祈っています。

:部族の習慣としての偶像崇拝をいっさいしませんでした。

:崇拝すべき神は唯一の神だと信じていました。

:アッラーの名前を尊敬し、決して皮肉やからかいもせず、不利益な目的のために使ったことがありません。

:間違った崇拝とそれに基付いた全ての下品な行為を嫌いました。

:前の預言者たちと同じように唯一の神の教えを真髄に受け止め順応しました。

:姦通を一度もしたことなく、姦通を避けるように他人を忠告しました

:数世紀前のキリストがしたように高利貸しを禁止しました。

:バクチをしたこともなく、それを許しませんでした。

:飲酒は習慣だったが、彼は飲酒したことはありませんでした。

:陰口をたたくことなく、噂話、悪口を聞かないようにしていました。

 

:アッラーに近付くためによく断食をし、欲望を避けました。

:キリストはアッラーの奇跡であり、母親のマリアはアッラーが創造した最良の者のうちの一人だと述べました。

:聖典におけるメシアはイエス(キリスト)であることを強調しました。

:イエスが待っていた奇跡的な能力(病の治療:死者をよみがえらせること)はアッラーからのものであると主張しました。

:イエスキリストは死ななかった。アッラーは天に召されたということをはっきり声明しました。

:預言者ムハンマドはアッラーの啓示を受け、メシアは週末時に地に戻り、信者たちを勝利に導き、反キリストを殺すという話をしました。

:ムハンマドは貧乏な人に寄付するように指示した上で、未亡人:孤児:旅人の保護者と防御者でした。

:家族のメンバーを団結させ、家族的関係に特別な敬意を与えました。

:信者たちに女性と結びつきは結婚であり、姦通を避けるように教えました。

:ムハンマド(彼にアッラーの平安と祝福あれ)は女性に全ての権利(新婦の持参金:遺産:金銭など)を与えるように強調しました。

 

彼の忍耐力:謙遜などの優れた態度を通じて、彼を知った全ての人々は人間には見いだせないような優れた道徳に感動しました。

 

1)ムハンマドは決して嘘をつかず、約束を破りませんでした。メッカの全ての部族の間で正直者、心理を言う者として有名だったのです。

2)彼は全く姦通せず、そのような関係が普及していたのに彼は結婚以外の関係は持ちませんでした。

3)結婚以外の関係で女性と結び付けられたことはありません。

4)われわれは預言者ムハンマドのアーイシャとの関係は、アーイシャがおっしゃったハディースから分かりました。それは男女の間にあり得る尊敬と愛に満ちた最高の関係でした。そしてアーイシャはハディースの最高のナレーターの一人でした。アーイシャは預言者ムハンマドの他の男性と全く関係がありませんでした。そしてアーイシャは預言者ムハンマドについての批判を一度もしたことはありません。

5)預言者ムハンマドはアッラーの教えを尋ねるまで殺人を禁止しました。そのことについてのアッラーの教えは次の通りです。ムスリム(イスラーム教徒)を殺し、またはイスラームを害しようを思ってイスラームと戦う者を殺してもいいとされます。

6)罪のない魂を殺してはいけません。

7)ユダヤ人の大領虐殺は全くありませんでした。たとえユダヤ人が預言者ムハンマドとの約束を何回やぶっても、預言者ムハンマドは彼らがアッラーに許されるようにお祈りしました。預言者ムハンマドはユダヤ人との衝突したのは、彼らが、自分を裏切ったことを確認してからでした。裏切りを証明された者しか罰せられませんでした。

8)あの時代の部族は僕を持っていたことで有名だったのだが、イスラームは僕の解放を命令しました。預言者ムハンマドは数多い僕を解放し、信者たちもそうするように命令しました。自分の息子と同じように扱っていた使用人ザイド ビン ハ-レサも解放しました。アブ バクルはベラール アル ハバシッユ(イスラームの最初のムアゼヌ)を解放するためだけに買いました。

9)預言者ムハンマドは自分を殺そうとしていた者を罰するように命令しませんでした。(最も有名な出来事は、預言者ムハンマドがアブ バクルとメディ-ナに移住に出たとき、アリーが預言者のベットで寝たという出来事)預言者ムハンマドがメッカの征服後、自分にも障害を与えた者を害しないように命令しました。これは預言者の恩赦の例となります

10)アッラーの教えを説いていた最初の13年の間にムスリムに戦いを許しませんでした。これは戦う能力がなかったからではありません。その時代の人々は周りの部族との長い戦いがあったため、みんなが戦争になれていました。しかしアッラーの命令はまだなかったからです。アッラーが戦争を許したとき、戦争に伴う権利と義務も規定されました。アッラーの誰が:どうやって いつ どの程度まで戦うかという命令は明白でした。

 

11)イスラームは下部構造を、アッラーが特定な状況によって命令されなければ、全く崩さない。

 

12)イスラームの敵があらゆる手段で預言者ムハンマドに危害を加えようとしていたとき、預言者ムハンマドは彼らのためにアッラーに導かれるようにお祈りしていました。これの最良の例はターエフの旅です。部族の長老が会ってくれなかったことを発端に、殴打され、子供たちに石で投げられ、足が出血してしまいました。ジブリール(天使)は預言者の為の復讐に天から舞い降りて、山々の天使に彼らの山をあの人たちの上に崩すように命令しようとしたところ、預言者はそのことを断り、彼らがアッラーに導かれるようにお祈りし、「その中からアッラーを信じる者が出るだろう」と言いました。

 

13)預言者ムハンマドは乳児の中に正しいあり方がある(それはイスラームであり、イスラームはアッラーに完全に服し、アッラーの命令に従うという意味)が、周りの社会や影響や育て方のせいでその中の正しいあり方が変わると言いました。

 

14)預言者ムハンマドは信者たちをノア アダム アブラハム モーセ ヤコブ ダビデ ソロモン イエスの唯一の神を崇拝するように指示しました。それらの預言者をみんな信じ、差別なく尊敬するように教えました。

 

15)旧約聖書 新約聖書はクルアーンの同じ源、つまりアッラーからのものであると強調しました。

 

16)未来の様々な出来事を、アッラーの啓示によって、予言しました。それらの出来事は彼が予言したとおりになりました。

 

17)クルアーンにおけるファラオの溺死の話には「だが今日は、われは後のものへの印とするため、あなたの体を救うのであろう」とあります。フランスの学者モリス ボカイは「聖書とクルアーンと科学」で世界を驚かした事実を発表。かれはファラオの死体を審査したとき、塩の残りを見つけました。これはアッラーがクルアーンで1400年前に陳述したことに一致しているのです。

 

18)ファラオの溺死は預言者ムハンマドが使途になる数千年前ですが、クルアーンの述べられ、1400年後科学において証明されました。預言者ムハンマドはそれが唯一の神の啓示ではなかったら、どうやって知ったのでしょうか。

 

預言者ムハンマドについては数多くの記事などが書かれ、世紀を超えてムスリムではない筆者にも評価されました。

 

ここで述べる最初の例はブリタニカ大百科事典から引用したものです。

「色々な予備的証拠はムハンマド(彼にアッラーの平安と祝福あれ)は正直な者に信頼された誠実な者だったことを証明します」(第12巻)

 

そしてマイケル ハートは「人類史上に最も影響力のあった100人」で預言者ムハンマドを第一位におきます。イエスは第三位です。

 

筆者の多くはムハンマドを第一位にしたことを疑いますが、ムハンマドは、宗教的のみならう、世俗的な面でも類まれな成功者であったことをしてきしています。(1)

 

ムスリムではない有名な読者の言葉を引用する際、ラーマーターンの言葉を示さなければなりません。「預言者ムハンマドは哲学者でもあり、演説者でもあり、武士でもあり、正しい信仰の復興者でもあります。偶像を信じない宗教を説き、同じ精神的帝国に属する20帝国の創始者であり、男性の偉大さの全ての基準を考慮すれば、ムハンマドより偉大な人物はいるのでしょうか」(2)

 

 

有名な作者のジョージ バーナード(非ムスリム)は「ムハンマドに人類の救助者という称号を与えなければなりません。現代にムハンマドのような人間がいたら世界の全ての問題を必要な幸福と平和をもたらすやり方で解決できたに相違ありません」と発言。(3)

 

ヒンドゥー教のインドの哲学教授K.S.ラマークリシナ ラオはムハンマドに人間の典型的パターンと称して、それを次のように説明しています。「ムハンマドの性格の完全な真理を理解しがたいのです。私はそれのほんのわずかの面しか理解できなかった。預言者ムハンマド、商人のムハンマド、政治家のムハンマド、孤児の後援者のムハンマド、女性を自由にしたムハンマド、裁判者のムハンマド、僕の後援者のムハンマド、聖職人のムハンマド、それらの全ての役割にはムハンマドは英雄だったのです。」

 

ガンディーは「若いインド」でムハンマドについて「現代数万人の心を支配している者にいったい誰が勝るのでしょうか。イスラームの強さは刀によるものではなく、ムハンマドの絶対的寛容のために広がったと信じるようになりました。ムハンマドは約束を守り、友人に対して誠実、アッラーとアッラーの教えを絶対的に信じていた。ムハンマドの伝記の第二巻を読み終わった時、彼についてもう読むものはないことに悲しく感じました。」と言っています。

 

「英雄たちと勇気さ」でトマス カーライルは「どうやってたった一人の人間が争い合う部族や遊牧の民を最強そして当時の最も文明化された社会に変えられたのか」と疑問を表しています。

 

「東の預言者」でディワーン シャンド シャルマは「ムハンマドは慈悲深い魂で、周りにいた人々への影響は忘れられないものです」と述べています。(4)

 

ムハンマド(彼に平安と祝福あれ)は人間に過ぎませんでした。だが、彼は優れたメッセージを持っていた者でした。それは人間を唯一の神に崇拝に団結させることです。そして彼らをアッラーの命令に基つく良い生活に導くことです。自分を「アッラーの僕と使途」で描写した事は彼の全行為をよく表すものです。

 

イスラームにおける平等について話すときは、インドの有名な詩人のサルジニ 二ヤドは「民主主義を奨励した最初の宗教はイスラームである。ムスリムが礼拝のためにモスクで集まったとき、イスラームの民主主義は5回現れる。それは王国も庶民と同時にひざまsずき、アッラーの偉大さに祈ることに示されている。人間を全て兄弟とするイスラームの一括的な強さにおどろいた」と言いました。(5)

 

ホーワ グルングは「イスラームの使途が創始した国民の徒党は完全な基礎に基ずく世界的結合 人間関係を築き、そのほかの国民の道を照らすリョウ濁になる。国民が結合に達するためにイスラームより努力した存在はない」と主張しました。

 

「アラブの帝国」ではエドワード ジボンとサイモン オクリーは「アッラーの他に崇拝する神はなく、ムハンマドはアッラーの使途である。人をイスラムに入信するための簡単な生命である。ムハンマドは人間に過ぎず、そしてイスラームの教えは人間のできることに限られている」という意見を出しています。(6)

 

 








Bookmark and Share


أضف تعليق

以下のソフトが要る: الحجم : 2.26 ميجا الحجم : 19.8 ميجا