イスラームと聖母マリア(2/3)

ことである。それで彼(イエス)を人々への印となし、またわれからの慈悲とするためである。(これは既に)アッラーの御命令があったことである。』」”(クルアーン 19:21)

神はイエスの魂を、大天使ガブリエルを介してマリアに吹き込み、彼女はイエスを身ごもりました。神は別の章においてこう述べています:

“またわれは自分の貞節を守ったエリ(イムラーンの娘マリア(の体内)に、わが霊(ガブリエルをもって吹き込んだ。彼女は、主の御言葉とその啓典を実証する、敬虔なしもべの)一人であった。”(クルアーン 6612)

懐妊の兆候が誰の目にも明らかになるにつれ、マ リアは人々がどういう反応を示すかとても心配になりました。そしてその知らせが瞬く間に広まることは避けられず、人々は彼女の不貞を訴え始めました。尚キ リスト教では彼女がヨセフと結婚し、それによりマリアは苦悩したと信じますが、イスラームでは彼女がヨセフと結婚をしてはおらず、また同様に彼と連れ添っ てもいなかったことを確証します。マリアは自分が婚姻関係を結んでいなければ、人々が彼女の懐妊から導き出すであろう唯一の論理的結論を知っていました。 マリアは人々から離れ、遠隔の地へと赴きました。神はこう述べています:

“こうして、彼女は彼(息子)を宿したので、遠いに引き籠った。分娩の苦痛は彼女をナツメヤシのに赴かせた。”(クルアーン 19:22−23)

Previous article Next article