アブドッラティーフ・アブドッラー 元プロテスタントの米国人(前編):イスラームについて学ぶ

私とイスラームとの接点は、1998年にニューヨーク市で大学院生だったときが始まりでした。それまでは25年間、プロテスタントのキリスト教徒でしたが、長きに渡って実践的だったとは言えませんでした。 私は「スピリチュアリティ」により興味を抱いており、宗教組織とは無縁な何かを探していました。私にとってキリスト教は的外れで、今日性のないものでし た。そこからは、日常生活に活かすことの出来るものを見いだすことが出来なかったのです。キリスト教との決別は、関連性・明白性の欠如といった点におい て、それらはどうせ同じようなものだろうとの私の思い込みから、宗教組織と称するすべてへの忌避へとつながりました。

私のキリスト教への不満は、神の性質、そして神と個人との関係における知識の提供の欠落から来るものでした。キリスト教 哲学は、一方では人でありながら、同時に神でもある、仲介者としてのイエスと私たちとの奇異な関係に根ざしています。私にとって、こうした難解かつ非常に 漠然とした創造主との関係は、神との関係・神への理解をよりよく提供する他の何かへと向かわせたのです。なぜ、神へと直接祈ることが出来ないのでしょう か? なぜ、すべての礼拝を「イエス・キリストの名において」で始めなければならないのでしょうか? 全知全能の創造主が、人間の姿をしなければならない 必要性とは?これらの疑問は、どうしても解消することの出来なかった内のごく一部に過ぎません。それゆえ、私は事実と知識に基づかない空虚な教義ではな く、真の導きを人生に提供してくれることの出来る、単刀直入なアプローチをする宗教を求めていました。

大 学院に通っていたとき、私には格闘技を学ぶユダヤ教徒のルームメイトがいました。彼と一緒に住んでいたとき、彼はイスラームの教えに基づいた、シラットと 呼ばれる拳法を学んでいました。ルームメイトがシラットのクラスから帰ってくると、彼はシラットの独創性や、豊かな精神性について色々と教えてくれまし た。当時の私は格闘技に関心を持っており、彼から聞いたことに興味をそそられたため、ある土曜日の朝、一緒にクラスに行くことにしました。当時の私は気づ いていませんでしたが、私のイスラーム体験が始まったのは、19982月28日の日の朝でした。私はそこで、イスラームの基本を紹介・指導してくれた師匠のチッグ(マレー語で教師の意)Sに出会いました。私は格闘家としての人生を歩むことになると思っていましたが、1998年のあの日、ムスリムへの第一歩を踏み出すことになったのです。

当初、私はシラットとイスラームに興味津々で、師匠とは出来る限りの時間を過ごしていました。私とルームメイトはお互いにシラットについて情熱的で、二人で師匠の家を訪れ、彼からの知識を最大限吸収しようとしていました。実際、私たちが1998年の春に大学院を卒業すると、その年の夏を師匠夫妻の家で過ごしました。シラットの知識が増えると同時に、シラット経験の前にはほとんどなかったと言って良いイスラームの知識も増えたのです。

何 がイスラームの初体験を強烈なものにしたかといえば、私はそれを学ぶと同時にそれに基づいた生活をしたからです。私は師匠の家で学んでいたため、敬虔なム スリムとの共同生活は、イスラームの音、視覚、実践に常に囲まれていました。イスラームは人生の生活規範であるため、イスラーム的環境にいるのであれば、 日常生活から切り離すことは出来ないのです。日常生活と宗教を切り離す傾向のあるキリスト教とは異なり、イスラームはその追従者がすべての事柄において神 の崇拝を統合させることを要求します。それゆえ、師匠との共同生活を通し、私は宗教としてのイスラームに晒され、それがいかに人の人生の指針を形作るかを 直接、経験したのです。

私にとってイスラームは最初、とても新鮮かつ風変わりで力強いものでした。また、多くの面において非常に異質で、それが求める規律は理解し難いものでした。当時の私はあらゆる意味で自由主義者だったため、教義的・強制的なものはなんであれ、誰がそれを作ったかに関わらず拒否してきました。しかし、時間と共に私のイスラームへの理解が深まるにつれ、宗教的教義 ―アラビア語の「ディーン」― の ように見えるものは、創造主によって私たちに提供された生活規範であることを少しずつ理解し始めたのです。この生活規範は、真の満足へのまっすぐな道であ り、社会や文化が提唱する表面的な人生観などではないということを後に学びました。問題は非常に単純であることに気付いたのです。人間にとっての最善の人 生とは、全知の創造主以外に知り得ないということに。

ニューヨークでの最初のシラットのクラスから、私がシャハーダを行った19997月30日までは、2つの主要な経験によって構成される自己審査を行いました。1つ目は私の育った文化への疑問提示、そして2つ 目は神の真の性質、そして日常生活における宗教の役割の理解に対する取り組みです。私の文化については、大半の人々が思う程には難しいものではありません でした。米国で育ち、それ以外の文化に親しんではこなかったため、強烈な経験、恵まれた師匠、そして真理を経験するための正しい知識が必要とされました。 米国文化は常に私たちへ五感の満足感で攻め立てるため、非常に強力なものです。私たちの人生に真の絶え間ない供給をする者である神への崇拝と信仰を持つこ とによって、そこから取り除かれない限りは、その制限を知ることは困難なのです。

Previous article Next article