ムハンマドの剣(前半)

セクション : 記事
1078 2014/04/07 -0001/11/30

ローマの諸皇帝が、キリスト教徒たちをライオンに食わせて処刑した日々以来、諸皇帝と教会との関係は多くの変化を遂げました。


ちょ うど1700年前、西暦306年に帝王の座に就いたコンスタンティヌス大帝は、当時パレスチナを擁していた帝国内においてキリスト教を公認し、その実践を 促しました。その数世紀後、キリスト教会は東方(正教会)と西方(カトリック教会)に分裂しました。西方では、教皇の称号を獲得したローマ司教が、自身の 優越性を認めるよう皇帝に要求しました。

 


諸 皇帝と諸教皇による対立は、ヨーロッパの歴史における中心的役割を担い、人々を分裂させました。ある皇帝は教皇を解任、または追放し、またある教皇は皇帝 を解任、または破門しました。皇帝ハインリヒ四世がカノッサ城の前、雪の中を裸足で三日間立ち尽くし、教皇から破門の解除を願ったと言われる「カノッサの 屈辱」は有名です。

 


し かし、皇帝と教皇が平和裡に共存した時代もありました。私たちは今日、それを見て取ることが出来ます。現在の教皇であるベネディクト16世、そして現在の 皇帝であるジョージ・ブッシュ二世は、素晴らしき調和を見せています。世界的な議論を巻き起こした、教皇による先週のスピーチでは、「文明の衝突」という 文脈上、ブッシュの「イスラムファシズム」に対する聖戦に見事にマッチするものです。

 


ド イツの大学での講義で、第265代目教皇は、彼にとってのキリスト教とイスラームの間の大きな違いについて説明しました。彼はキリスト教が理性に基づいて いるのに対し、イスラームはそれを否定すると言いました。キリスト教徒が神の行為について論理を見出すのに対し、ムスリムはアッラーの行為に論理はないと 否定すると言うのです。

 


私はユダヤ人無神論者として、この議論の輪に加わるつもりはありません。教皇の論理を理解するのは、私の能力を超えたものです。しかし、私は「文明戦争」の断層線近くに居住するイスラエル人として、ひとつのくだりを見過ごすことは出来ません。

 


教 皇はイスラームに理性が欠如していることを証明するため、預言者ムハンマドが彼の追従者たちに剣で彼らの宗教を広めるよう命じたと断言しました。教皇によ れば、信仰とは魂から生じるもので、身体からではないことから、そういった強制が理性的でないとしたのです。つまり、なぜ剣が魂に影響を及ぼすことが出来 るのかと言うのです。

 


教 皇は自身の主張を支えるものとして、こともあろうに対抗勢力だった東方正教会のビザンチン皇帝を引用しました。14世紀末、皇帝マヌエル2世パレオロゴス は、自身がペルシャ人ムスリム学者と持った議論について言及しました(それが実際にあったのかについては疑わしいとされています)。白熱した議論におい て、皇帝は彼の相手に対して次の言葉を放ったとされています:

「では、ムハンマドがもたらしたものに、何か新しいものがあるのならそれを示しなさい。ただそこには、彼が説いた信仰を剣で広めよという命令のような、邪悪で非人道的なものを見出すであろう。」


これらの言葉は、以下の問いかけを喚起します:(1)なぜ皇帝はそのような発言をしたのか。(2)それは事実なのか。(3)なぜ現在の教皇はそれを引用したのか。

 


マヌエル2世がこの書簡をしたためた当時、彼の帝国は既に死に体となっていました。彼は1391年に権力を握りましたが、輝かしかった帝国の属州の数々は、もはやいくつかを残すのみとなっていました。それらさえも、既にトルコの脅威に晒されていたのでした。

 


当 時、オスマン・トルコはドナウ川岸にまで到達していました。彼らはブルガリアと北ギリシャを攻略し、東ヨーロッパを守ろうとヨーロッパによって送り込まれ た部隊を二度に渡って打破しました。1453年の5月29日、マヌエルの死から僅か数年後に、彼の首都だったコンスタンチノープル(現在のイスタンブー ル)はトルコの手に落ち、千年以上に渡って続いてきた帝国の歴史は幕を閉じたのです。

 


彼 の統治期において、マヌエルはヨーロッパの各首都を周り、より多くの支持を得ようと試みていました。彼は教会の再統一を約束しました。彼が宗教的書簡を書 いたのは、トルコに対してキリスト教諸国を鼓舞し、新たな聖戦開始を説得させるため以外の何でもなかったのです。その目標は実践的であり、神学が政治に奉 仕していたのです。

 


こ のような意識により、例の引用は現在の皇帝であるジョージ・ブッシュ二世に対して全く同じ奉仕をします。彼も同様に、主にムスリム諸国によって構成される 「悪の枢軸」に対してのキリスト教世界の統一を望んでいます。さらに、今回は平和的にですが、トルコは再びヨーロッパの扉をノックしているのです。教皇が トルコの欧州連合の加盟に反対する勢力を支持していることは周知の事実です。

マヌエルの主張には、何らかの真実が含まれているのでしょうか?1



Footnotes:

1注意:この著者による意見・見解は、その全てがIslamReligionと同じものであるとは限りません。

Previous article Next article