クルアーンの保持(1/2):暗記

セクション : 記事
1104 2014/07/06 -0001/11/30

ムスリムの聖典であるクルアーンは、天使ガブリエルを介して預言者ムハンマド(神の慈悲と祝福あれ)にアラビア語を介して啓示されました。それは23年間に渡って断続的に下され、時には短い節々で、そして時には長い章の形で啓示されました。1

逐語的に“読むもの”または“朗誦されるもの”という意味を持つクルアーンは、“アハーディース”(逐語的に“知らせ”、“報告”または“伝承”)と総合的に呼ばれ、クルアーンとは個別に記録・保持されて来た預言者ムハンマドの言行録(スンナ)とは全く別のものです。

預言者は啓示をけるに当たり、彼の使命であるその内容の伝達にめました。それは彼の教友たちに対して、彼の聞いた全く同じ内容を、全く同じ順番に繰り返して朗誦することでした。これは、彼が自分自身に対して向けられている言葉を含めていることからも明らかです。例えば、“クル”(“[ムハンマドよ、人々に対して]言え)などがその好例でしょう。クルアーンの律動的な文体と表現の豊かさは、暗記を容易にさせます。そして神は、それこそがクルアーンの保護と記憶における重要な要素の一つであると述べられています(クルアーン 44585417223240。特にアラブ社会においては、長い詩文の朗読は彼らにとって誇るべき文化だったのです。マイケル・ズウェットラーはこう記しています:

“文書の使用が殆どなかった古代では、記憶と口頭による伝達が行なわれ、それは現代においては想像のつかない程の高度なレベルにまで発達していたのである。2

それ故、預言者の共同体における多くの人々により、啓示の大半は容易に記憶されたのです。

預言者は彼の教友たちに対し、啓示された節々を学んで他者に伝達するよう奨励しました。3  ま たクルアーンは崇拝行為として、特に日課礼拝(サラー)の中で定期的に朗誦することが求められます。これらの手段によって、彼に下された啓示の内容は大勢 によって繰り返し聞かれ、暗記され、礼拝で朗誦されたのです。聖クルアーンはその一字一句において、まるごと教友たちによって暗記されました。その中にに はザイド・ブン・サービト、ウバイ・ブン・カアブ、ムアーズ・ブン・ジャバル、そしてアブー・ザイドら4  が含まれています。

ま たクルアーンの一字一句は単に暗記されただけでなく、その発音に関しても、後に発展したタジュウィード学の発音法と共に保存されています。この学問は、そ れぞれの文字と単語が文脈上いかに発音されるべきかを極めて明瞭にするものです。私たちは今日においてもあらゆる言語の話者が、まるで預言者の時代に生き ていたアラブ人のようにクルアーンを朗誦するのを見出すことが出来ます。

更には、クルアーンの章句の配列は預言者によって指導されており、教友たちにも良く知られていました。5  また毎年ラマダーン月(ヒジュラ暦9月)には、天使ガブリエルによって、それまでに啓示された全クルアーンが朗誦され、預言者はかれのあとに続いて朗誦し、教友たちの何人かもそこに同伴していました。6  また彼が逝去する前のラマダーン月には、ガブリエルは全クルアーンを二回繰り返して朗誦しています。7  こうして各章、各節々の配列は教友たちの記憶に補強されて留められたのです。

教友たちは様々な地域や国家に拡散していった際に、その地の人々に教えることが出来るよう、朗誦法を携えて行きました。8  そうすることにより、広範囲に及ぶ各地の人々が同じ方法でクルアーンを朗誦することの維持に成功したのです。

実に、クルアーンの暗記は何世紀にも渡って連なる伝統として、ムスリム世界の学校・機関の設立に伴って教えられて来ました。9  これらの学校で、生徒たちはクルアーンの暗記をタジュウィードと共に師のもとで学びました。そして彼らの師もまた、その師から師へと辿って行くと、その知識の源を神の預言者にまで遡る、途切れのない相伝の系譜に名を連ねているのです。クルアーン習得の過程は通常3年から6年程かかりました。熟練を収め、朗誦における間違いが無いかをチェックされた後、生徒は免許状(イジャーザ)を渡され、朗誦法の熟練性と、神の預言者が行なった通りの朗誦が可能であることを証明されるのです。

この写真はクルアーン朗誦を習得させたに発行される、預言者ムハンマドまでの系譜が明らかにされた一般的な免許状(イジャーザ)のものです。これはシャイフ・アハマド・アッ=ズィーヤにより発行された、クウェート出身の著名な朗誦者であるマシャーリー・ブン・ラシード・アル=アファスィーのものです。写真提供:http://www.alafasy.com

 

非ムスリムの東洋学者であるA.T.ウェルチは記しています:

“ムスリムにとってのクルアーンとは、一般的な西洋的価値観による啓典・聖典とは一線を画するものである。圧倒的多数にとっての数世紀にも渡るその主な重要性とは、その口述形式であり、それはムハンマドによって彼の教友たちへおよそ20年 にも渡り唱えられたものと同じ元来の形式である・・・啓示はムハンマドの教友たちの一部によって彼の存命中に暗記され、場合によってはクルアーンの写本か らは独立して、または優先され、それ以来は口述の伝統として確立されたのである・・・そして何世紀にも渡り、朗誦専門家(クッラー)によって口述の伝統は 維持されてきた。つい最近まで、西洋においてクルアーン朗誦はほとんどと言って良い程その価値を認められていなかった。10

クルアーンはらく宗教的、世俗的にみても、数百万人もの人々によって暗記されている唯一のでしょう。11  東洋学の先鋭、ケネス・クラッグはこう述べています:

 “・・・ このクルアーン朗誦の現象は、その原文が数世紀の時を超えて途切れること無く、我々に生きた形でムスリムたちの献身を示してくれている。それ故、それは古 物研究として扱われるべきでなく、また遠い過去の歴史的文書として扱われるべきでもないのだ。すなわちヒフズ(クルアーン暗記)の事実は、時の経過を超え てクルアーンを現在形でムスリムの所有とし、また全世代が共有する価値とし、それをいかなる権威によって格下げされることをも許さないのである。”12



Footnotes:

1 ムハンマド・ハミードゥッラー,Introduction to Islam,ロンドン:MWH Publishers 1979年,17頁。

2 マイケル・ズウェットラー,The Oral Tradition of Classical Arabic Poetry,Ohio State Press,1978年,14頁。

3 サヒーフ・アル=ブハーリー,6,546番。

4 サヒーフ・アル=ブハーリー,6,525番。

5 アハマド・ヴォン・デンフェール,Ulum al-Quran,The Islamic Foundation,英国, 1983年,41−42頁,アーサー・ジェフェリー,Materials for the History of the Text of the Quran,Leiden:Brill,1937年,31頁。

6 サヒーフ・アル=ブハーリー,6,519番。

7 サヒーフ・アル=ブハーリー,6,518,520番。

8 イブン・ヒシャーム,預言者伝,カイロ,n.d.11巻,199頁。

9 ラビーブ・アッサイード,The Recited Koran,モロー・バーガー訳,A.ラウーフ,バーナード・ワイス,プリンストン:The Darwin Press,1975,59頁。

10 イスラーム百科事典,“The Quran in Muslim Life and Thought.”

11 ウィリアム・グラム,Beyond the Written Word,イギリス:Cambridge Universit Press,1993年,80頁。

12 ケネス・クラッグ,The Mind of the Quran,ロンドン:George Allen & Unwin,1973年,26頁。

Previous article Next article