飲食物や衣服に関しての禁止事項

1-酩酊を催させる物質の摂取:その摂取の仕方はどうあれ、イスラームは酒類や麻薬など、あらゆる種類の酩酊物質の摂取を禁じます。至高のアッラーはこう仰いました:


-信仰する者たちよ、酒と賭け事、偶像とアル=アズラーム[1]は悪魔の行いであり、不浄である。ゆえにそれらを避けるのだ。(そうすれば)あなた方は成功するであろう。悪魔は酒と賭け事をもって、あなた方の間に敵意や憎悪をもたらし、そしてあなた方をアッラーのズィクル(念唱、想起)やサラー(礼拝)から遠のけたいのである。一体あなた方は(それらを)止めないというのか?,(クルアーン5:90-91)


このような有害なものを売りさばいたり、その普及に肩入れするような者たちを阻止するべく、アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)はこう言っています:

「アッラーは酒とそれを注ぐ者、そしてそれを飲む者と醸造する者及び醸造させる者、それを運ぶ者と運ばれる者、またそれを売買する者とその値段から益を売る者を呪われた。」(アブー・ダーウードの伝承)


またイスラームは、精神やその他の感覚を、それらを害するようないかなる物事からも保護しています。そして人間が良識を失うという、自堕落な状態に陥ることを阻むのです。アルコールや麻薬の摂取が中毒症状をもたらすことは良く知られていますが、中毒者たちはその欲望を満たすためにあらゆる手段を講じて金銭を得ようとします。時には盗みや殺人さえも辞さない場合すらあるのです。私たちは、他人の尊厳や貞節さを侵害する残虐な犯罪の多くが、これらの物質ゆえに引き起こされているという事実を熟考すべきです。イスラームはこの問題が、全ての大罪の「根源」になり得る、と言及しています。


2イスラームは特定の方法によって屠殺されなかった動物の肉や、豚肉など、その他次のアッラーの御言葉に言及されているような物質の摂取を禁じています:

-あなた方に禁じられたものは、(イスラーム法に則って屠殺されなかった)死体、(流れる)血液、豚肉、アッラー以外の名において屠られたもの、絞殺されたもの、撲殺したもの、転落死したもの、突き殺されたもの、獣に食い殺されたものである。但し(それらがまだ息のある内に)あなた方が止めを刺したものは、その限りではない。また偶像に(捧げるために)屠られたものと、アル=アズラームで分配することも(禁じられている)。,(クルアーン5:3) 

イスラームにおいて、アッラーの御名が言及されずに屠られた動物の肉を食することは禁じられています。 至高のアッラーはこう仰いました:

-(屠られる際に)アッラーの御名が唱えられなかったもの(動物の肉)は、食べるのではない。実にそれは真理からの逸脱である。,(クルアーン6:121)


またイスラームは、ライオンや豹、狼など一般的に言って犬歯を有するような獣の肉の食用を禁じます。また鷲や鷹など、一般的に言って鉤爪を有する猛禽類の肉の食用も禁じています。

そして煙草やそれに該当するようなその他の物質など、人の身体に有害な全ての物の摂取を禁じているのです。至高のアッラーはこう仰っています:

-そしてあなた方自身を殺してはいけない。実にアッラーはあなた方に対し、慈悲深いお方であられる。,(クルアーン4:29)


3イスラームは男性が絹や金銀を身につけることを禁じています。但し女性がそれらを身に着けることには問題はありません。アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)はこう言いました: 

「絹製の衣服と金は、私のウンマ(共同体)の男性に禁じられた。そして女性には許されたのである。」(アッ=ティルミズィーとアン=ナサーイーの伝承)


しかし金製や銀製の食器を用いて飲食することは、男女を問わず禁じられています。アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)はこう言いました:


「そして金や銀で出来た器で飲んだり、食べたりしてはならない。それらは現世において彼ら(不信仰者たち)のものであり、来世においては私たちのためのものであるからなのだ。」(アル=ブハーリーとムスリムの伝承) 



[1] 「アル=アズラーム」とは、当時賭け事やくじ引きに使われていた火打石のことであると言われます。

Previous article Next article