ストラに関する規定

1― ストラとは礼拝者が眼前の地面に置くスティックや、柱や壁などの目印となる物。ストラの幅は関係ない


2-ストラの高さは約1スパンです。


3-脚とストラの間の距離は約 三エル(約120インチ)です。スジュード(跪拝)するのに充分な距離を置く。


4-ストラはイマームや個人にも使用されます。(義務の礼拝やその他の礼拝)


5-イマームのストラは彼の後ろで礼拝する全ての者に充分です。それゆえ、必要があれば礼拝者の前を通ることが許可されます。


このスンナを適用する利点:

a) 通行者によって礼拝を中断させる事を防ぎます。


b) ストラを使用する事で、礼拝中にあちこち見回すことを回避し、自身のスペースに集中し   礼拝の意味をよく考えるでしょう。


c) 礼拝者の前を通る必要がないよう、通行者の手助けになります。

Previous article Next article