ウィトルの礼拝のスンナ

(ウィトルの礼拝とは夜の礼拝を奇数ラカートで終えることです。)


1-夜の礼拝を三ラカートのウィトルの礼拝で閉めることはスンナです。アル ファーティハ章読誦後:第一番目のラカートで至高者章の八十七節(サッビヒ アスマ ラッビカ アル アラー

第二番目のラカートで不信者達章の百九節(クルヤー アイユハー アル カーフィルーナ

そして第三番目のラカートで純正章の百十二節(クル フワ アッラーフ アハドウン)アブ ダウードとアッティルミズィーによる伝承


2-ウィトルの礼拝後、(スブハーナ ル マリキ ル クッドウ―ス:支配者に栄光あれ、もっとも聖なるお方に。)三度繰り返す。アッダル クトウニーの伝承によると三度目に声を上げて、(ラッビル マラーイカティ ワルルーヒ:天使と魂(ルーフ)の主)アル アルナウートの権威により、アブ ダウードとアン ナサーイの伝承

Previous article Next article