食事の際のスンナ

  • 食事前後のスンナ

1- アッラーの御名を唱える。(例:アッラーの御名において)


2- 右手を使う


3- 食事をする人の目の前(配置)にあるものから食べる。

これらのスンナは次のハディースで集められています。:「少年よ。アッラーの御名を唱えなさい。右手を使って、あなたの目の前にあるものから食べなさい。」(ムスリムの伝承)


4- 食べ物の欠片が落ちた場合、それをこすって食べる。そのハディース:「もしあなたの誰かが食べ物の欠片を落とした場合、その汚れをこすって取ってから食べなさい。」(ムスリムの伝承)


5- 三本の指を使って食事する。「彼(彼に平安あれ)は三本の指を使って食事をしていました。」(ムスリムの伝承)預言者(彼に平安あれ)はしばしばこうしていて、必要な場合を除いてはこうする事がより良いです。


6- 食事をする際の座り方:膝の上にひざまずいて、彼の足の上面、または右脚を延ばし、左脚の上に座る。アル ファティでアル ハフィズが述べたようにこれは望ましいです。


  • 食後の後のスンナ:

1- 指と皿を舐める:預言者(彼に平安あれ)は私達に指と皿を舐めるように命じられ、申されました。「あなたはそれらのどこに祝福があるかわからない」


2- 食後にアッラーを賛美する:「アッラーは食事後にアッラーを賛美する者(奴隷)に満足されます。」(ムスリムの伝承)預言者(彼に平安あれ)の食後のドウアーの一つ:「「私の力が少しも介在することのないところにおいて、これを私に食べさせ、お恵みになったアッラーに称えあれ。」

これらのドウアーの得:「すべての彼の過去の罪は赦されます」アブ ダウードとアッティルミズィーとイブン マージャとアル ハフィーズの伝承でアル アルバーニはそれは良いと言いました。

Ø スンナの総量は、ムスリムが食事をする時、大多数の人々がそうであるように、一日に三度の食事をするとして、少なくとも十五のスンナに保持すべきです。この三度の食事の間に軽食を取るとすると、これらのスンナを増加することができます。

Previous article Next article