ストラ(遮蔽物)の後部で礼拝すること

(壁やスティックや柱などの遮蔽物の後部で礼拝すること)

預言者(彼に平安あれ)は言いました。「あなたがたは礼拝する際、ストラの後ろに立ちなさい。そしてあなたとストラの間を通る者ががないようにしなさい。」アブダウードとイブン マジャとイブン フザイマの伝承)


この預言者の伝統は、性別関係なく、モスクでも家庭であっても礼拝時にストラを置くことが規定しています。一部のムスリムはストラの後部で礼拝しない為、このスンナを適用する報酬から自らを遠ざけています。


このスンナはムスリムによって毎日朝から晩まで繰り替えされ、定期の預言者の祈り、ドーハの礼拝(朝の祈り)、モスクに入った際の礼拝、ウィトルの礼拝や義務の礼拝などの女性が家庭で一人で礼拝する時に適用されます。しかしながら、モスクで礼拝する場合は、イマームのストラがその後ろで礼拝する者にとっては充分です。

Previous article Next article