イスラーム改宗の利点(上)

こ のサイトにある多くの記事では、イスラームへの改宗がいかに容易なものであるかが説明されていま す。また、イスラームを受け入れることを妨げさせる要因について議論する記事や動画もあります。改宗者たちによる改宗記からは、彼らの喜びや興奮が伝わっ てきます。また、いかにしてムスリムになるのかを詳細に説明する記事もあります。イスラームへの改宗は、多くの異なる角度から論じられていますが、今回の 連載ではイスラーム改宗における利点について述べていきます。


イ スラームの改宗からは多くの利点が得られますが、その中でも最も顕著なものは、人生における最も根本的な真理を見出すことから得られる心の平穏、そして幸 福感でしょう。最も純粋かつシンプルな方法によって確立させる神との関係は、人生に解放感や落ち着きをもたらします。イスラームへの改宗における利点はそ れだけではありません。以下では代表的なものを一つずつ見ていきましょう。


1.イスラームへの改宗は、人工的なシステム・生活様式への隷属から人を解放します。

イスラームは迷信や半信半疑から心を解放します。また罪や腐敗から魂を解き放ち、抑圧や恐怖心から良心を自由にします。神の御意への帰依は自由を束縛するものではなく、心を迷信から解放し、真実と知識で満たすことによって高度な自由を与えるものなのです。


人 はイスラームを受け入れると、ファッション・消費文化などの奴隷ではなくなり、人々を支配下に置くことを目的とする貨幣制度への隷属状態から解き放たれま す。イスラームが、神に真の帰依をしない人々の生活を支配する迷信から解放することも特筆に値します。信仰者は、吉兆・不吉などといった迷信が存在しない ことを知ります。「もし彼(信仰者)が安楽を授けられたなら、彼は感謝するのであり、それは彼にとって善いことなのである。また、もし彼が困難に苦しめら れたなら、彼は忍耐するのであり、それもまた彼にとって善いことなのである」と預言者ムハンマド(神の慈悲と祝福あれ)が述べたように、信仰者のあらゆる諸事は善いものであり、人生における善悪の側面はどちらも神によりもたらされたものなのです。


人が人工的なシステム・生活様式から解放された後、その人物は正しい方法によって神を崇拝することができるようになります。信仰者は神を信頼し、神に希望を持ち、神の慈悲を真摯に求めるようになるのです。


2.イスラームへの改宗により、人は神の愛を真に感じることができるようになります。

イ スラームに改宗することにより、人は人生の指針であるクルアーン、そして預言者ムハンマド(神の慈悲と祝福あれ)の真正な伝承に従うことによって、神 の愛情を感じ取ることができるようになります。神は世界を創造した際、それを不安定さの中に放置したりはされませんでした。神は、それにしっかりと掴むこ とによって、偉大さと永遠なる平和を達成することのできる縄を遣わされたのです。クルアーンの言葉によると、神はその望みを明白にされたものの、人間は自 由意志によって神をご満悦させることもできれば怒らせることもできるのです。


(ムハンマドよ、人類に)言ってやるがいい。「あなたがたがもしアッラーを敬愛するならば、わたしに従え。そうすればアッラーもあなたがたを愛でられ、あなたがたの罪を赦される。アッラーは寛容にして慈悲深くあられる。」(クルアーン3:31)


イスラーム以外の教えを追求する者は、決して受け入れられない。また来世においては、これらの者は失敗者の類である。(クルアーン3:85)


宗教には強制があってはならない。正に正しい道は迷誤から明らかに(分別)されている。それで邪神(ターグート)を退けてアッラーを信仰する者は、決して壊れることのない、堅固な取っ手を握った者である。アッラーは全聴にして全知であられる。(クルアーン2:256)


3.イスラーム改宗の利点は、神が信仰者に約束する天国です。

ク ルアーンにおいて多くの章句で説明されているように、天国は永久の祝福の場であり、信仰者に約束された場です。神は、信仰者に天国という報奨を与えること によって彼らに慈悲を示します。誰であれ、神を否定したり、神以外の何かを崇拝したり、神に子女や同位者があると主張したりする者には、火獄という来世に おける破滅が待ち受けます。人はイスラームに改宗することにより、墓での懲罰や審判の日の災厄、そして永久なる火獄から救われるのです。


“だが(神の唯一性を)信仰して、正しい行いに勤しむ者は、われは必ず下に川が流れている楽園の高殿に、落ち着かせよう。(永遠に)そこに住まわせる。(善)行を行う者への報奨は、何と有り難いことよ。”(クルアーン29:58)


4.幸福・平穏・内なる平和は、イスラームに改宗することによって達成されるものです。

イ スラームそのものは、内面的平和・平穏と切っても切り離せないものです。「イスラーム」「ムスリム」「サラーム(平和)」という単語は、それぞれ平和・安 寧・安全を意味する「サ・ラ・マ」という語根を共有しています。人が神の御意に帰依する時、その人物は内的な安心感と平穏を経験するのです。


完 全な幸福が存在するのは天国のみです。そこにおいて私たちは人生の一部である恐怖・心配・苦痛からは無縁な真の平和・平穏・安全を見出します。しかし、イ スラームによって定められた指針は、私たち不完全である人間が現世で幸せを求めることを許可します。現世と来世における幸福を成就させる鍵とは、神のご満 悦を求め、同位者を配すことなく神を崇拝することなのです。


次回の記事では、赦しと慈悲、また試練と苦難に関わるイスラーム改宗の利点について考察します。



脚注:

          サヒーフ・ムスリム

          ターグートとは、アラビア語で多くの意味を含有する言葉です。一般的には、サタン・悪魔・偶像・星・太陽・月・天使・人間・聖人の墓廟・為政者・指導者などの、真の神以外に崇拝されているものを指します。

Previous article Next article