雇用者の権利

イスラームは雇用者が労働者や従業員に彼らの権利を満たすことを要求する一方、労働者も雇用者の権利を守ることを命じています。労働者は雇用者との間で合意した仕事を、遅延や失敗などすることなく、良い形で遂行しなければなりません。アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言いました:

「実にアッラーはあなた方が何かを行う時には、それを完遂することを愛されるのだ。」(アブー・ヤァラーの伝承)

人々が合意した仕事を誠実にきちんと遂行すべく、イスラームはそのように遂行された仕事の報奨を最善の収入としました。アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言っています:

「最良の稼ぎとは、誠実さをもって自ら働いて稼いだ物である。」(アフマドの伝承)


その他の一般的権利と義務

イスラームはその同胞がどこにあろうと、その状況に配慮を払わなければならないとしました。アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言っています:

「信仰者たちが互いに慈しみ合い、愛し合い、同情し合うのは、まるで一つの体のようである。体のある部分が痛みを訴えれば、他の部分が不眠と熱に冒されながら、彼の(看病の)ために寄り集まって来るのだ。」(アル=ブハーリーとムスリムの伝承)


またイスラームは状況改善のために、努力奮闘することを教えます。アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言いました:

「自らの欲するものをその同胞にも欲するようにならなければ、本当に信仰したことにはならない。」(アル=ブハーリーとムスリムの伝承)


またイスラームは同胞が災難や苦悩の中にある時、慰めてやることを義務付けています。アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言いました:

信仰者と信仰者の関係は、互いに補強し合って立つ一軒の建築物のようである。」そして(預言者は)両手の指を組み合わせました。(アル=ブハーリーとムスリムの伝承)


また戦いの折には、必要ならば援助の手を差し伸べなければなりません。至高のアッラーはこう仰いました:

-もし彼ら(マディーナに移住せずにマッカに残存したムスリムたち)が宗教においてあなた方に援助を求めて来たら、あなた方は彼らを援助しなければならない。但し(そうすることで)あなた方と彼らの間に盟約のある民に抵触する場合は別である。アッラーはあなた方の行うことを全てお見通しなのだ。,(クルアーン8:72)


同胞が苦境にあるのに知らん顔をするのは、イスラームでは禁じられています。預言者ムハンマド(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は、ムスリムがその抑圧された同胞を援助するよう命じました(アル=ブハーリーの伝承)。

Previous article Next article