アッラーの好意に対して瞑想すること

預言者(彼に平安あれ)は申されました。:「アッラーに対して瞑想するのではなく、アッラーの恩恵に対して瞑想しなさい。」(「アル アウサットとアル バイハキでのアッタバラニの伝承、アル アルバニが良いと認証」

ムスリムの一昼夜の暮らしの中で数度繰り替えされる事の一つに、私達へのアッラーの好意に関する感覚が挙げられます。一昼夜の間にムスリムは多くの場面や状況で、見たり聞いたりすることがあります。そして、アッラーによって恵まれ、彼の好意に対して考え、瞑想し、アッラーを称賛する必要があります。


1- モスクに行く際に、あなたはアッラーの好意を感じますか?そして特にファジャール(日の出前)の礼拝時にムスリムの家庭に注目した時、まるで死んだかのように深い眠りにある、あなたの周りにいる人々がどのようにアッラーの好意を奪われてきたのか?


2- あなたが道を歩いていて、いろいろな場面に出会う時、例えばここで事故がってこれは、、と言う悪魔の声(歌)が彼の車から大音声で聞こえてきたとして、あなたはあなたに対するアッラーの好意を感じますか?


3- 飢餓、洪水、病気の蔓延、事故、地震、戦争やホームレスなどを含む世界のニュースを聞いたり、読んだりした時、あなたはアッラーの好意を感じますか?


成功した奴隷とは、どのような状況や場面でも彼の心、感情、感覚からアッラーの恩恵が消えない者だと私は思います。彼は常にアッラーを称賛し、宗教や健康、悪からの安全と繁栄という与えられた恩恵に感謝します。


あるハディース(預言者の言行)で、彼(彼に平安あれ)は申されました。:「病気の人を見かけたら、こう言いなさい。;「彼を苦しめているものから私を守り、著しい優しさで創造された人々で私を飾って下さるアッラーに全ての称賛あれ」、彼はこの惨劇に苦しむことはないでしょう。」アッティルミズィーはこれは良いハディーだと言いました。

Previous article Next article