アル ファジャ―ル(日の出前)の礼拝のスンナ

1- 短い礼拝:アーイシャ(彼女にアッラーが悦んで下さいますように)は伝えています。:「預言者(彼に平安あれ)はアザーンとファジャールの礼拝の間に短い二ラカートの礼拝を行っていました。(正確な伝承として合意)


2- 読誦:第一のラカートで預言者(彼に平安あれ)は以下の節を読誦されました。「言え,「わたしたちはアッラーを信じ,わたしたちに啓示されたものを信じます。またイブラーヒーム,イスマーイール,イスハーク,ヤアコーブと諸支部族に啓示されたもの,とムーサーとイーサーに与えられたもの,と主から預言者たちに下されたものを信じます。かれらの間のどちらにも,差別をつけません。かれにわたしたちは服従,帰依します。」(雄牛章136節)

そして第二のラカートで、彼(彼に平安あれ)はこう読誦しました。:「イーサーは,かれらが信じないのを察知して,言った。「アッラー (の道)のために,わたしを助ける者は誰か。」弟子たちは言った。「わたしたちは,アッラー(の道)の援助者です。わたしたちはアッラーを信じます。わたしたちがムスリムであることの証人となって下さい。」(イムラーン家章52節)

また他の伝承では、彼(彼に平安あれ)はこう読誦しました。:「言ってやるがいい。「啓典の民よ,わたしたちとあなたがたとの間の共通のことば(の下)に来なさい。わたしたちはアッラーにだけ仕え,何ものをもかれに列しない。またわたしたちはアッラーを差し置いて,外のものを主として崇ない。」それでもし,かれらが背き去るならば,言ってやるがいい。「わたしたちはムスリムであることを証言する。」」(イムラーン家章64節)(イマーム ムスリムによる伝書)

3- 横になる:アル ブハーリの伝承によると預言者(彼に平安あれ)はファジャールのスンナの礼拝の後、身体の右側にしばらく横になりました。

したがって家庭でファジャールのスンナの礼拝を終えると、スンナに従うという意志でしばらく身体の右側を下に横になりましょう。

Previous article Next article