人々に会った時のスンナ

1- 挨拶:預言者(彼に平安あれ)は尋ねられました。「どの種のイスラームが最良ですか?」そして彼(彼に平安あれ)は答えられました。「人々に食事を与えることと知っている人と知らない人にも挨拶をすることです。」(アル ブハーリとイマーム ムスリムの伝承)

一人の男が預言者(彼に平安あれ)に近づき、彼に「アッサラーム アライクム(あなたに平安がありますように)」と言って挨拶したところ、預言者(彼に平安あれ)は挨拶を返してその男が腰を下ろした後、預言者は申されました。「それは10でした。」その後別の男がやって来て、「アッサラーム アライクム ワラフマトウッラ(あなたに平安とアッラーの御慈悲がありますように)」と言いました。預言者(彼に平安あれ)は「それは20でした」と申されました。最後に三人目の男がやって来て言いました。「アッサラーム アライクム ワラフマトウッラーヒ ワ バラカートウ(あなたに平安とアッラーの御慈悲と祝福がありますように)」すると預言者は「それは30でした」と申されました。(アブ ダウードの伝承でアッティルミズィーの推奨)

最初の二人の男がどれだけの報酬を得られなかったか注目して下さい。それは彼らが完全な挨拶、30の報酬を得る為の挨拶をしなかったからです。そして一つの善行が少なくとも

1-0の報酬と見なされ、総計は300もしくはそれ以上の善行と見なされるかもしれません。挨拶は一日に何度も行われる行為なので、最大の報酬を得る為に完全なイスラムの挨拶を言うように自分自身を訓練するべきでしょう。


2- 笑顔:預言者(彼に平安あれ)は申されました。「どんな善行も軽んじてはならない。例えそれがあなたの兄弟姉妹に笑顔出会うことさえも」(イマーム ムスリムの伝承)


3- 握手:私達の預言者(彼に平安あれ)は申されました。「二人のムスリムが出会い握手をする度に、彼らが分かれる前にアッラーは彼らを許してくださるでしょう。」(アブ ダウードとアッティルミズィーとイブン マージャの伝承)

アン ナワウィは言いました。:あなたはムスリムが会う度に握手をすることが奨励されていると知るべきです。ですから、親愛なるあなた方、笑顔で挨拶をし、握手をするように心がけなさい;したがって一度に三のスンナを実践していることになります。


4- アッラーはこう申されました。「われのしもべに告げなさい。「かれら(ムスリム)は何事でも最も丁重に物を言いなさい。」悪魔は,かれら(不信者)との間に(紛争の)種を蒔く。本当に悪魔は人間の公然の敵である。」(夜の旅章53節)そして預言者(彼に平安あれ)は:「親切な言葉は施しである」と申されました。(アル ブハーリとイマーム ムスリムの伝承)

- 親切な言葉とは:ズィクル(アッラーへの唱念)、ドウアー、挨拶、然るべき熟考、良い行儀、長所と善行と含みます。

- 他人の心を掴む優しい言葉は魔法のようです。


- 親切・優しい言葉は信者の心を啓発する証拠です。ですので、あなたの人生を全て親切な言葉で満たすべきです。あなたの夫や妻、子供達、近所の住人、友達、召使い、また親愛し親切な言葉を必要とする全ての人々へ。

Previous article Next article