預言者の伏せ(スジュッド)においての行動(スンナ)

預言者の伏せ(スジュッド)においての行動(スンナ)

1-腰から両腕を離す


2-太ももから腹部を離す


3-太ももから脚を離す


4-伏せる際、両膝を離す


5-脚を直立にして立つ


6-地面に指の平の一部を下にして置く


7-サジダ(伏せ)する間は足を一緒に合わせる


8-両手を両耳の横に上げる


9―両手は開いた状態


10-指と指を合わせる(間を開かない)


11-指をキブラの方向へ向ける


12-二度の伏せの間に座る際、二つの形態があります:


  1. イクアー:足を立てた状態にして、かかとの上に座る
  2. イフティラッシュ:右足を立てた状態にして、左足の方に広がるように重心を置く。初めのタシャフッド(第二ラカートの際に座る時)で、左足を曲げその上に座り右足を立てる。

第二回目のタシャフッドには三形体があります:

  •  
    1. 右足を立てて、左足を右足の下に置いて床にサジダする
    2. 初めと同じように、しかし右足は立てずに左足と同じ方向にサジダする
    3. 右足を立てて、左足を右脚の太ももと脚の間に入れる

13― 両手を太ももの上に置く「右手を右の太ももの上へ、左手を左の太ももの上へ、手と指の間は合わせる

14-タシャフッドの初めから最後まで人差し指を立てて「上から下」へ動かす

15-タスリームで礼拝を終える際、右と左へ顔を向ける

16-しばらくの間座る(イステラハ 例:第一度目と三度目のラカートの伏せ(サジダ)の   後、何のドウアーと言う事なくしばらくの間座ること)

― 毎回のラカートには二十五に及ぶスンナがあります。例:義務の礼拝におけるスンナの総数は四百二十五です。

―義務以外の礼拝のそれぞれのラカートのスンナの総数は二十五です。例:もし毎回のラカートで預言者の行動を行ったとしたら、朝から夜における一日の義務以外の礼拝のスンナの総数は六百二十五です。

―ムスリムはドウーハの礼拝のラカート総数を増やすことでき、スンナの総数も増加します。

―スンナの行い(預言者の行い)は一度もしくは二度繰り替えされます:

  1. タクビラトウル イフラムを唱える間に両手を上げる(初めの礼拝開始の「アッラーフ アクバル」)
  2. 二度のタシャフッドを含む礼拝の三度目のラカートで両手を上げる
  3. 初めと二度目にかかわらず、タシャフッドの初めから最後まで人差し指を(上下へ)動かす
  4. 礼拝の終了時に顔を右と左へ向ける
  5. 座ること(イステラハ):義務か義務以上の礼拝にかかわらず、四ラカートの礼拝で二度、その他の礼拝で一度行われる。
  6. タワロック:(右足を立てること、左足を右脚の下に置き床に伏せること)二度座ってタシャフッドを行う礼拝の二度目のタシャフッドにおいて行う。

― これらのスンナはタシャフッドの際座ったときに人差し指を動かす事を除いて、一度繰り替えされます。ファジャール(日の出前)の礼拝以外の義務の礼拝で二度繰り替えされます。そして四ラカートの礼拝において二度イステラハは繰り替えされます。ゆえにスンナの総量は三十四になります。

― 義務以外のそれぞれの礼拝において最後と二度目以外の二度を除いてこのスンナの行いは繰り替えされます。ゆえに、総量は四十八のスンナになります。

したがって、親愛なる兄弟姉妹の皆さん。楽園の最高の場所へ到達すべく、そして報酬と恵みを得る為にこのような預言者のスンナ(言動と行い)を実践するよう心がけましょう。

Previous article Next article