夫に対する妻の権利

~に翻訳された : English

財産に関する権利

妻は夫に当然に生じるべき費用と食料と衣服と住宅およびその他の関連項目に権利があります。全能のアッラーは、この自然の権利を妻に与えていると偉大なるクルアーンの次の章で述べています。(その意味は)「母親は,乳児に満2年間授乳する。これは授乳を全うしようと望む者の期間である。父親はかれらの食料や衣服の経費を,公正に負担しなければならない。しかし誰も,その能力以上の負担を強いられない。」(雄牛章233節)

1:マハル (持参金):これは結婚の契約が完了したときや結婚が成立したときに、妻が夫から受け取る権利を有するお金です。これは男性が女性に支払うことが義務付けされている権利です。全能のアッラーはこう仰せられました。(その意味は):「そして(結婚にさいしては)女にマハルを贈り物として与えなさい。だがかの女らが自らその一部を戻すことを願うならば,喜んでこれを納めなさい。」(婦人章4節)

2:支出 :妻は夫のためにいつでも仕える状態でいることを条件に、夫は妻に費やすことが義務である。もし彼女が彼に背いたり、拒否した場合は、彼女は夫の支出に対する権利はありません。ここで意味する支出とは、妻の食べものや宿泊施設に必要なものを提供するということです。彼女が例え裕福でも、これらのものに対する権利を有します。何故ならアッラーはこう仰せられました。(その意味は)「父親はかれらの食料や衣服の経費を,公正に負担しなければならない。しかし誰も,その能力以上の負担を強いられない。」(雄牛章233節)

そして(その意味)「裕福な者には,その裕福さに応じて支払わせなさい。また資力の乏しい者には,アッラーがかれに与えたものの中から支払わせなさい」(離婚章7節)

アーイシャ(アッラーが彼女をお悦びになられますように)は述べている。「ヒンド ビンティ(-の娘)ウトバというアブ スフヤーンの妻がアッラーの使徒(彼に平安あれ)の許へやって来て言いました。「アッラーの使徒よ。アブ スフヤーンはけちな男で私と子供達に十分に支出しませんので、彼の知らない間に私は彼の富を取っています。そうする事は罪でしょうか?」アッラーの使徒(彼に平安あれ)は言いました。「あなたとあなたの子供達の為に十分なものだけ、妥当な程に 彼の富から取りなさい。」(アル ブハーリーとムスリム)

ジャービル(アッラーが彼をお悦びになられますように)はアッラーの使徒(彼に平安あれ)は最期の説教でこう言いました。「女性に関してアッラーを恐れなさい!。あなたがたはアッラーの保証により彼女たちを受け入れ、アッラーの御言葉によって彼女たちとの関係は合法となったのである。男たちには女たちに対してある種の権利かあり、女たちは男たちに対して権利がある。女性には貞節を守る義務があり、不義をなしてはならない。もし彼女たちが不義をなしたら、あなたがたには妻を寝床から遠ざけ、懲らしめる権利がある。だが厳しく懲らしめてはならない。そして彼女たちが姿勢と振る舞いを改めたなら、きちんと衣食を与えなければならない。」(ムスリム)

また預言者(彼に平安あれ)は一度尋られました。「夫に対する妻の権利はなんですか?」彼(彼に平安あれ)は、「彼女はあなた自身の服を購入する度に、彼女の衣服をも提供し、貴方が食べる同じものを受ける権利を有しています。」(アブ ダウードとアフマドとイブン マージャ)

3 宿泊施設: これはまた妻の権利の一つである。彼女の夫は彼の手段と能力の範囲で、妻の宿泊施設を準備する必要があることを意味しています。全能のアッラーは仰せられました。(その意味は)「かの女たちを,あなたがたの暮している所であなたがたの力に応じて住まわせなさい。かの女らを窮屈にして,困らせてはならない」(離婚章6節)

財産以外の権利

1.                   妻の間の公正な処遇:妻が夫に持つ権利の一つは彼女と彼の他の妻は平等に扱われるべきであるという事です。もしあなたの夫が他の妻を持つ場合、他の妻と過ごした夜、または支出と衣類に関してです。複数の妻を持つ場合には、夫は公正でなければならず、支出の面や住宅と時間など夫が可能である他の全ての項目に置いて 彼女らを平等に扱わなければなりません。偏見を持ったり、他の妻を置いて一人の妻に偏り好む事は大きな罪の一つと見なされます。

アッラーの使徒(彼に平安あれ)は言いました。「男性が二人の妻と結婚し、どちらかに傾いている場合、審判の日に(彼の不当な扱いの為の罰として)彼の体は片方は傾いてやって来るでしょう。」(イマーム アフマド)

男性は、夫として、愛や愛情や快適さなどの彼が制御できないことについては責任は問われません。全能のアッラーは栄光のクルアーンに記載しています。(その意味は)「あなたがたは妻たちに対して公平にしようとしても,到底出来ないであろう。あなたがたは(そう)望んでも。偏愛に傾き,妻の一人をあいまいに放って置いてはならない。あなたがたが融和し,主を畏れるのならば。誠にアッラーは,度々赦される御方、慈悲深い御方であられる。」(婦人章129節)

しかし夫が一緒に過ごす夜の面で妻の一人を好んだ場合、他の妻の承認と受諾に基ついて、このような場合には害はありません。それはアーイシャとサウダの場合と同様で、預言者の妻である二人は、預言者の人生の終わりには、サウダはアーイシャに彼女の夜を譲ると合意しました。

また預言者が非常に病気になった時、彼は継続的にこう尋ねました。「明日はどこでしょうか?(誰の家)」彼の妻は皆、彼が彼の死までいたかったアーイシャの家に滞在できるように合意しました。(アル ブハーリとムスリム)

2.                   親切な扱い: 夫は妻に対して立派な態度で彼女に接し、親切でなければいけません。そして彼に対する彼女の心を和らげるように、全てを提供しましょう。何故ならアッラーは(その意味)「出来るだけ仲良く,かの女らと暮しなさい」(婦人章19節)と仰せられているからです。またアッラーは(その意味):「女は,公平な状態の下に,かれらに対して対等の権利をもつ。」(雄牛章228節)

アブ フライラー(アッラーが彼に悦んで下さいますように)は伝えています。「アッラーの使途(彼に平安あれ)は:女性に親切にしなさい。」(アル ブハーリとムスリム)

ここで預言者(彼に平安あれ)のいくつかの例を示します。

アビ サラマの娘のザイナッブの伝承によると、ウンム サラマ (彼に平安あれ)は言いました。:「私は預言者(彼に平安あれ)と一緒にウールの毛布に包まっている時に生理が始まりました。私はそこから抜け出し、私が通常月経のために身に付ける服を着ました。アッラーの使途(彼に平安あれ)は言いました。「生理が始まったのですか?」私は、「はい」と言い、彼(彼に平安あれ)は、同じ毛布で彼と一緒に包まるように私を呼びました。(アル ブハーリとムスリム)

ウルワ イブヌ アル ズバイールは言いました。「アーイシャ(アッラーが彼女に悦んでくださいますように)は「アッラーに誓って、私はアビシニアの男性がアッラーの使途のモスクで槍で遊んでいたとき、私は私のアパートのドアの前にアッラーの使途が立っているのを見ました。そして彼は、私が彼らのゲームを見る事ができるように私をマントで覆いました。私が十分に見るまで、彼は私の為にそこに立っていました。(アル ブハーリとムスリム)

アーイシャ(彼にアッラーが悦んで下さいますように)の伝承によると、アッラーの使途(彼に平安あれ)はしばしば座って礼拝を行いました。彼(彼に平安あれ)は 座ってクルアーンを独唱し、その後三十か四十の節が残ったとき、彼は立ち上がって、暗唱しました。そして彼はルクーフの姿勢へ移り、サジダ(平伏)し、そして2ルクア(礼拝の単位)の場合も同じように行いました。彼(彼に平安あれ)は礼拝が終了すると、見回して、私が起きていれば、彼(彼に平安あれ)は私と話をし、もし私が寝ていれば、彼(彼に平安あれ)は横になりました。(アル ブハーリー)

3:妻を傷つけないこと:これはイスラーム教の基本原理の一つです。他の人や見知らぬ人を害することが禁止されているので、自分の妻を害することはなお更禁止されています。

ウバーダ イブン アッサーミット(彼にアッラーが悦んで下さいますように)はアッラーの使途(彼に平安あれ)が「害も往復害もあってはなりません」統治しましたと述べています。(イブン マージャ)

立法者(全能のアッラー)がこの問題で注目を集めたものの中で、厳しい方法で殴ったり、叩いたりする事の禁止があります。

ジャービル(アッラーが彼に悦んで下さいますように)によると、アッラーの使途(彼に平安あれ)は最期の演説で「もし彼女たちが不義をなしたら、あなたがたには妻を寝床から遠ざけ、懲らしめる権利がある。だが厳しく懲らしめてはならない。そして彼女たちが姿勢と振る舞いを改めたなら、きちんと衣食を与えなければならない。」(上のハディースの一部)(ムスリム)

 

 

 

 

Previous article Next article