妻達を甘やかし、親切に扱う。

私達は教育と信仰と政治と戦争、あるいは経済の分野での預言者ムハンマド(彼に平安あれ)の生涯について読んできました。しかし彼の家庭内での様子や彼の妻達との関係については滅多に書かれたり、掲載された事はありませんでした。預言者ムハンマド(彼に平安あれ)の家族関係についてよく知る人は、それは私達に現地点で欠けている意味合いがあるという事がわかります。これらの意味合いは私達の家庭と結婚の安定性に貢献するでしょう。この記事では、私達は預言者ムハンマド(彼に平安あれ)の彼の妻の気持ちへの思いやりや彼の感謝と愛の明示のいくつかの例を提供します。

彼女が最も愛している名前またはニックネームや音楽の名前で呼ぶのは、自分の妻に優しく甘やかしている形態の一つです。これは預言者ムハンマド(彼に平安あれ)の生活の中で見る事ができ、学者によって合意されたハディースでは、預言者(彼に平安あれ)は彼の妻のアーイシャに「アーイシュよ。ガブリエルがあなたに平安あれと言っています。」と言い、彼女は「彼に平安とアッラーの御慈悲と御加護がありますように。あなた(預言者)は私がわからないことがわかります」と返答しました。彼はまたアーイシャを(フマイラー)と(ハムラー)の短い形式で呼び、イブン カシールの「アン ネハヤー」でそれは白い肌の女性を意味すると言っています。アッド ダハビは、ヒジャーズの人々の言葉で「ハムラー」は白と赤面というまれな顔立ちという意味だと言いました。その為預言者ムハンマド(彼に平安あれ)はアーイシャを愛らしい名前で呼び、彼女を親切に扱いました。

預言者の伝統からアーイシャは斎戒について伝承しています。イマーム ムスリムは、彼女が「アッラーの使徒(彼に平安あれ)が斎戒中に彼の妻の一人にキスし、彼女は笑いました。アッラーが彼女に喜んで下さいますように。

他のアーイシャの伝承による預言者の伝統によると、彼女はムハンマド(彼に平安あれ)は最良の信者は最良のマナーを持ち、自分の妻に一番親切な者です。

これらの言行(ハディース)は預言者ムハンマド(彼に平安あれ)がどのように彼の妻達の世話をし、どれほど良くアーイシャ(アッラーが彼女に満足されますように)を扱っていたのかを示しています。

自分の妻を良く扱い、抱き寄せる一つの形式として自分の手で食べ物を与えることがあります。預言者ムハンマド(彼に平安あれ)はこう言いました。「あなたが妻の口の中へ入れる食べ物さえも、何でも与えるものは施しとなりえます。」

妻の愛と協力を保証する行為だけでなく、妻に自分の手で与える食べ物さえも全能のアッラーによって報われる施しと考えられています。

自分の妻を抱きしめたり親切であることは、彼女に多大な精神的影響を与えます。預言者ムハンマド(彼に平安あれ)の例に従う事で人は何も失うものはなく、妻の愛と協力とアッラーの報酬が与えられます。したがって、男性は彼の妻を親切に扱い抱きしめるように命じられています。

男性の性質は女性のものとは異なり、感情表現が女性とは違い特定のものです。女性は例えば、愛している、貴方がいなくて寂しい、私には貴方が必要です、などと言葉で愛情を表現します。一方、男性は滅多に言葉を使わず、行動と生産によって愛を表現します。男性の場合、彼の妻に愛していると伝えたい場合、妻が欲しがっている何かや、食べ物や飲み物を持ち帰ったり、彼らの家の家具を買ったりします。男性によると、これは愛の表現の一形態なのです。

寛大な預言者はこの男性の自然なネガティブな特性を克服しました。預言者はアーイシャ(アッラーが彼女に満足されますように)に対して口頭で愛と情熱を表現しました。また彼女を親切に扱い、彼女を甘やかし、彼の妻達が最愛の夫から何を望んだかを尋ねました。これは男性と妻の関係において重要な側面です。イブン アッサカーの伝承でアーイシャ(アッラーが悦んで下さいますように)の権威によると、彼女は預言者(彼に平安あれ)が彼女に「あなたはこの現世でも来世でも私の妻であることを嬉しく思いませんか?」と聞き、彼女は「はい」と言い、彼は「あなたは来世と現世で私の妻です。」と答えたとあります。

現世と来世での安全と愛と平和を保証する言葉を聞いたアーイシャの感情を想像してみて下さい。

アル アアス イブン アル ラビーという預言者(彼に平安あれ)の娘であるザイナッブの夫はイスラームから逃れる為にメッカから脱出しました。彼女は彼にメッカに戻りイスラームに帰依するように伝えます。そして彼は彼女にこういった手紙を送りました。「アッラーに誓って。私はあなたの父親が悪いとは思わないし、私は最愛のあなたと同じ道に従うこと以外望むことはありません。しかし、私はあなたの夫が彼の人々を失望させていると言われているのが許せません。この事を考慮し、私を許してくれますか?」この手紙はアル アアスがザイナッブを愛し、どんな道でも彼女と一緒になりたかったことを示しています。さらに彼は、人々が彼女を不快にする方法で話すことを嫌っていました。最後に彼は彼女に彼を考慮し許してくれるように頼み、そのために彼女は彼の元へ行くことができ彼をムスリムとして取り戻すのでした。

作家の中には、夫が彼の妻の為に車のドアを開けるという例を挙げ、西洋の女性の敬意の表れと実証します。これは明らかに尊敬ですが、成熟した人は女性が西洋では気分を害されたり、無礼に扱われている側面を見る事ができます。ムスリムはそれぞれの一方が他方を完了し、相互尊重がなければならないと考えている為、イスラーム教徒の男性と女性の競合の問題はありません。

預言者ムハンマド(彼に平安あれ)は、私達のお手本です。あるラマダンの最後の10日間時に彼は一人でアッラーへ礼拝(イティカーフ)をしていた時、彼の妻であるサフィーヤは彼を訪ねに来て、しばらく彼と話をした後、扉の方へ向かいました。預言者ムハンマド(彼に平安あれ)はさよならを言う為に彼女を扉へ導きました。別の語りの部分では、彼女は彼に「私があなたと一緒に来るまで、急いで去ろうとしないで下さい。」彼女の家はウサマのものであり、彼(預言者)は彼女と一緒にその場を去りました。尊敬は家族の中の継続的な愛と安定の源です。したがって、その点が男性と妻の間に優先されると願っています。

配偶者同士がもしこのような方法でお互いに接したとしたら、それは間違いなく美しい結婚になるでしょう。私達はイスラームの歴史上の最も美しい結婚の芸術理論を発見する為に、預言者(彼に平安あれ)の生活を全力で学ぶ必要があります。

Previous article Next article