預言者の妻への装飾品

カップルの間の愛を育む為には、アーイシャのように創造的な発明者である必要があります。サフィーヤ(アッラーが彼女に喜んで下さいますように)は、いくつかの問題により預言者が彼女に対して怒っていたので、預言者に許しを得る為 彼女の日をアーイシャに譲ると申し出ました。アーイシャはサフラン色のベールを身に付け、よく匂いがするように水を振りかけました。彼女は預言者の側に行き、彼の側に座りましたが、彼はこう言いました。「アーイシャ、行きなさい。今日は貴方の日ではありませんよ」彼女は、「これは望む者に与えられたアッラーの好意です」と言い、事情を説明しました。

ある女性はアーイシャににヘンナについて尋ねました。彼女は「私の最愛の人(彼に平安あれ)はその色を愛していましたが、その臭いを嫌いました。」と言いました。彼女は預言者の意見を記述する際に愛の言語をどのように使用したかに注目して下さい。

預言者の側からも、彼の愛を適用する方法があります。

アーイシャは預言者が彼の家に入る時、最初に何をするか尋ねられました。彼女は「彼はシワック(歯の洗浄の為のアラックのスティック)を使いました」と答えました。(ムスリムの伝承)

一部の学者は、預言者が家に到着した時に、妻達にキスしたと言っています。

アルブハーリは、「アーイシャは夫の髭と頭に香水を付けました。また彼女は生理中に預言者の髪を梳かしました。」」と伝えています。

最近は男性は喫煙者の悪臭に加えて、彼らの妻の為に美しく見せようとはしません。一部の男性は自分の体とわきの下の臭いや、衣服、髪の毛や爪など気にしません。彼らは女性への装飾を無視しています。

女性は夫を見て、良い香りを楽しむ権限を持っています。預言者の例に従うと、こういった行いが夫と妻の間の愛を増加するのがわかるでしょう。

イブン アッバースは彼が彼の妻も同じであるのを好むように、彼女は彼の最高の状態を見る権利をもっているので、彼は自分自身を美化するように努めたと言っています。

全能のアッラーは「女は,公平な状態の下に,かれらに対して対等の権利をもつ」(雄牛章228節)と仰せられました。

別の例として、

ある女性がオマル イブン カッターブの許へやってきて、彼女の夫から彼女を離婚するように頼みました。カリフは彼女の夫を見たとき、妻の夫へ対する憎悪の理由が分かりました。彼は彼女の夫に風呂に入り、爪を切り、髪を整え、服を着替えるように命じました。彼の妻は初めはそれが彼だとは分からなかったが、その後 彼女はそれが彼だと気付き 彼女はこの大きな変化に非常に満足したので離婚を取り消しました。

ヤヒヤ イブン アブドゥルラフマーンは、彼がムハンマド イブン ハナフィーヤが赤のラップで身を包み、髭に数滴の香りを落としていたことを言及しています。彼はそのことについて彼に尋ねたとき、彼は彼の妻がそうであるのが好きなように、彼の妻も彼がそうであるのを見るのが好きなのでそうしていますと答えました。

あなたとあなたの妻の間の愛を育む方法を学びましょう。預言者と彼の同胞(彼らがアッラーに満足されますように)の例に従いましょう。

全ての愛の関係を強化し、幸せな生活を送るために、あなたの妻の好ましいところを自分自身に適用しましょう。

Previous article Next article