夫の妻に対する権利

~に翻訳された : English

夫の妻に対する権利は、単純な理由で妻の夫に対する権利よりも意義深いです。何故なら全能のアッラーは栄光のクルアーンでこう述べているからです。その意味は 「女は,公平な状態の下に,かれらに対して対等の権利をもつ。だが男は,女よりも一段上位である。誠にアッラーは偉力ならびなく英明であられる。」(雄牛章228節)

夫は妻と家庭の管理人です。夫は妻のすべての業務を担当しています。必要に応じて夫は、訓練、方向性と規律の責任があります。全能のアッラーはこういっています。その意味は「男は女の擁護者(家長)である。それはアッラーが,一方を他よりも強くなされ,かれらが自分の財産から(扶養するため),経費を出すためである」(婦人章34節)夫の指示が、全能のアッラーとアッラーの使者とイスラーム教の論理の一般の命令と矛盾しない限り、妻は夫の命令に従うべきで、それは夫の本質的な権利です。

全能のアッラーは上記の章と同じところで言っています。(その意味)「それで言うことを聞くようならばかの女に対して(それ以上の)ことをしてはならない。本当にアッラーは極めて高く偉大であられる。」(婦人章34節)

イスラーム教徒の妻は夫の秘密とプライバシーと名誉と尊厳を保護する必要があります。妻はまた可能な限り、彼の富と子供と金融と所持品及びその家族の他の側面を保護する必要があります。

全能のアッラーは同じ章でこう言っています。(その意味は)「それで貞節な女は従順に,アッラーの守護の下に(夫の)不在中を守る」(婦人章34節)

アッラーの使途(彼に平安あれ)はこう言いました。「妻は夫と彼の子供の家の守護者です。」(アル ブハーリとムスリム)

そして「もし私が誰かに他の誰かへサジダするように命ずるとすれば、私は妻に(礼拝ではなく服従と尊敬の為に)おじぎするように命じた可能性があります。」(アブ ダウード)

アッラーの使途(アッラーが彼に悦んで下さいますように)は「もし夫が妻をベットへ呼び、妻がその要求を満たせなかった場合、(合法以外の何らかの理由で)、もし夫がそれに対して妻に怒った場合、次の朝起きるまで天使達は妻を呪うでしょう。」と言いました。(アル ブハーリとムスリム)

さらに彼(彼に平安あれ)は「彼らの夫の妻に対する権利は、夫が好まない人を寝床に入る事を許可しない事と夫が嫌う人々が家に入る事を許可しない事です。」と言いました。(アル ティルミズィー)

妻は夫の許可や承認を除いて家を出てはいけません。彼女はまた彼女の視線を下げて、声を低く保ち、悪に手を差し伸べることから保護し、任意のわいせつやファウルスピーチから彼女の舌を維持する必要があります。彼女はまた彼の両親や近親に害を与えてはいけません。

これは全能のアッラーがこう(その意味は)「あなたがたの家に静かにして,以前の無知時代のように,目立つ飾りをしてはならない」と言いました。(部族連合章33節)

全能のアッラーは言いました。(その意味は)「心に病ある者の意を動かさせないよう,言葉が軽くてはならない。端正な言葉でものを言え」(部族連合章32節)

また他の章では、アッラーは(その意味)「信者の女たちに言ってやるがいい。かの女らの視線を低くし,貞淑を守れ。外に表われるものの外は,かの女らの美(や飾り)を目立たせてはならない。」(御光章31節)

アッラーの預言者(彼に平安あれ)は「最高の女性は貴方が彼女を見たとき、彼女に満足し、貴方が彼女に指示した場合、彼女は従い、貴方が不在の場合は、彼女は彼女自身と貴方の財産を守ります。」(アッタバラーニ)

彼の妻に対する夫の他の権利は、夫が妻に何か、例えば義務以外の礼拝だけでなく自発的な好意を含め、それをしないように求めることができます。これは彼女の夫が彼女を楽しむ時間を少なくする原因となるからです。

アッラーの使途(彼に平安あれ)は言いました。「夫の許可なしに、(ラマダン以外の斎戒)斎戒することは許されません。夫が許可しない限り、誰かを家に入れることはできません。」(アッティルミズィー)

また、アッラーの使途(彼に平安あれ)は夫の満足と喜びは妻を楽園に導きますと言いました。

アッティルミズィーがウンム サラマの伝えたところによると、信仰の母(アッラーが彼女らに悦んで下さいますように。)はアッラーの使途(彼に平安あれ)が「夫が彼女(の行為と態度や行動)に満足しながら死を迎えた場合、妻は楽園へ入る事を許されるでしょう。」と言ったと伝えています。

これらはイスラームにおいての多くの権利の中のいくつかの項目です。真実の宗教は生活の手段としてイスラームに従い訓練することを言明する人々に課しています。私達はその権利をはっきりと確信し、適切に維持する場合、社会を平和と幸福と平穏に導く事ができるでしょう。

夫は思いやりと愛情と責任を負うと共に、彼の妻への優しい思いやりと愛情にかかわらず、厄介な状況を改善する為に必要な規律へと監督する事で、万力と邪悪は社会に広がることはないでしょう。

妻は夫の権利を尊重すると、同様に妻はイスラームによって認められた権利を与えられ、妻はもっと尊敬され、愛され、よく世話され、非常に必要と認められるでしょう。

このような首尾一貫した方法で、真実の宗教と善と正義と平等と公平は、特に夫と妻の間で、社会の全てのメンバーの間の調和を含む生活の基本的な要件と一致するでしょう。

Previous article