カディージャ ー 歌われなかったヒロイン

~に翻訳された : English Español

カディージャの人生から多くの実りある教訓を学ぶことができます。小さな記事はおろか、数冊にも及ぶ本を書く必要があるほど彼女は様々な側面を持っています。

彼女の人生は、人種や信仰や地理的な場所に関わらず,現代の夫婦にとって採用し受け入れる必要のある道徳的教訓が豊富です。

イスラームの生き方を取り入れる以前の彼女の人生も従うべき模範であり、彼女のライフスタイルは21世紀の女性が真似すべき種類のものでした。

彼女の真っ直ぐな良い気性のため、彼女の一族の人々は彼女をアッタヒラと呼びました。それはアラビア語の形容詞「貞淑」または「純粋」という意味です。未亡人としての彼女の道徳は、彼女の一族の男性からはるかに賞賛され、彼女の事業は町中の話題でした。

立派な実業家

カディージャは彼女の一族の中でも非常に立派な女性実業家でした。

彼女は非常に裕福な女性であり、彼女の家族の地位と繁栄した事業のために彼女の一族の男性は皆彼女と結婚することを望んでいました。実際に彼女は十分に賢かった為、彼女は彼らの物質的要求には屈しませんでした。

他の言葉で表現すると、彼女は自身の資質を十分知っており、したがってどんな民族の圧力にも屈することなく彼女に適した相手を巧みに探すのでした。彼女は取引の為に砂漠の長い距離を一人で移動する事はできず、購入や異なる商品を販売する取引の為、取引のキャラバンと一緒にレバントへ旅行できる男性を彼女の一族から雇いました。

当時ムハンマド(彼に平安あれ)はどの一族からも彼の正直さと誠実さのために知られていました。そしてこれらのマナーはカディージャの貿易ビジネスの為、後には夫となり伴侶として彼を選ぶ決定的な背後にある主な理由でした。

実にカディージャの繁栄する商売と取引の為に的確な男性を雇うという戦略的計画は永遠の教訓であり、近代の女性は、その例と豊富な経験から多くの教訓を描くことができ女性の英雄を選抜する為に、彼女の惜しみない試みの過程を模範とすべきです。

カディージャのここで述べられるシンプルな気質は、イスラーム教徒の女性だけでなく、非イスラーム教徒にも見過ごされて渡されることのない何かがあります。

 

ビジネスで始まり、結婚へと繋がりました。

カディージャは彼女に代わって、ムハンマドに彼女の貿易のビジネスを引き継ぐよう提供しました。ムハンマドは彼の新しい仕事の彼の分野で、このビジネスウーマンとの取引の仕事で得た透明性と数々のレバントへの出張で得た貿易商として経験の為、顕著な成功を収めました。

彼女の出張期間、カディージャはムハンマドの新しい仕事でマイサラ(彼女の使用人の一人)をアシスタントと任命し、彼女の使用人を通して、ムハンマドのビジネスにおいての透明性と誠実さを確信しました。

こういった出来事の後に、カデーィジャは友人であるナフィサに自分がムハンマドに興味があるという事を告白したのも不思議ではありません。

ナフィサは預言者の元へ直接行って、それとなくカディージャについて話をしました。預言者はその話にとても興味を持ち、結婚して彼女の手を求める事に決めました。

彼女に結婚を提案しているこの人物は彼女を金持ちの実業家として考えることはなく、暖かい家庭を築く伴侶として考えていると確信した後、この名門家出身の女性は自分自身と結婚するよう申し出ました。

このお話は熟考と記憶に値するカディージャの性格の側面です。これは非イスラーム教徒もイスラーム教徒も日常生活の中で学び得る道徳的な教訓です。

この非常に有名な女性は彼のマナーや性格を見極めた後、貿易のビジネスの為に雇った男性と結婚しようと申し出たのです。結婚が商売上の取引のようになり、本当の愛は稀になりつつあある近代では、なんと熟考に値する道徳的教訓でしょうか。

彼女は完璧な相手を見つけると、カディージャは自分自身を提供することに躊躇せず、堂々と自分の感情を示しました。ただし、そういった行為は彼女の人々の間では非常に一般的ではありませんでしたが、それでもなお非常に立派でした。

幸せなカップルであるムハンマドとカディージャは結婚式を終結し、ムハンマドはカディージャにその時代において、彼女の立派な地位に値する持参金(ドウリー)を提供したことが語られています。この幸せなカップルは彼らの人生の転機が訪れるまで、共に前進するのでした。

実にここにあるムハンマドとカディージャの結婚は、しばしば幸せな結婚の妨げとなる古びた伝統や家族の圧力から自由でありながら、イスラームはどれだけ女性が自分に適した相手を選択する力を与えているかという分かりやすい例を示しています。

ここで、カディージャは人間的傾向に促されもしましたが、彼女の正しい基準を用いて自分に最も適する相手を選びました。しかしそこにはまだ理由と合理を基準とする結婚という選択の避ける事ができない公平な分かち合いが生じます。

女性が自分の結婚相手を選ぶという事は、カディージャのような手本の同じ規則を適用する事で二十一世紀の女性は恩恵を受けることができる経験となります。

カディージャ:最初の女性ムスリム(ムスリマ)

二人が結婚して間もなく、モハンマドは全人類への預言者として彼の義務を遂行するように神に命じられました。

彼が始めて神の啓示を受けたのはヒラー洞窟の中でした。ムハンマドがいつどのようにしてその啓示を受けたのかという詳細をここで言及するのは適切ではないかもしれませんが、ここで重要なのは、彼が最初の聖なる啓示を受け帰宅した時に、彼の愛する妻カディージャがどのように彼を安心させて慰めたかという事です。

彼が受けた啓示の為畏敬の念に震えムハンマドは帰宅し、彼は妻に何が起こったかを伝えました。彼の話を聞き、彼女は卓越した勇気を持って彼の魂を慰め、こう言いました。:

「神に誓って、彼はあなたを見捨てることは決してありません。あなたは親族の絆を深め、真実を言い、弱者を助け、客に寛大さを示し、正義を適用する為に一生懸命努力しています。

私達は今までカディージャのように夫を保証する女性を目撃した事はありません。彼女は適切なタイミングで夫を安心させることに成功し、彼女は即座に啓典の民に関する知識があった従兄弟のワラカを訪問し、それを達成するための実践的な方法を模索しました。

その後、ワラカはこの経験は神の預言者達と使途によってのみ共有されているものと目撃し、ムハンマドの心をなだめました。カディージャがイスラム教を宣言する第一人者だった事が報告されています。

彼女はイスラム教の紹介や簡単な調査さえも全くない状態でイスラム教を受け入れました。

彼女は夫が神から直接聖なる啓示の名誉を受けるところを目撃した後、ためらいという言葉は彼女の辞書には見つけられませんでした。

彼女がどのようにしてムスリムになったかを追跡する人は非常に稀ですが、多数のムスリム歴史家は男性と女性の両方の同胞の中でも、彼女がアッラーと彼の使途への信仰を宣言する第一人者だったと宣言しています。

他の歴史家は彼女がイスラム教を採用した最初の女性だと宣言しています。この後者の見解が最も有名であり、イスラム教徒の最大の大半が続くものです。カディージャは啓示の開始後九年以上彼女の夫(つまりムハンマド)に非常に忠実で、自立した妻として暮らしていました。彼女は資金でイスラムの使命を援助し、彼女の夫の慰めの源でした。

彼女は啓示が彼に送られるようになる前に、彼女の夫の瞑想を尊重し、後々コミュニティーのリーダーとして彼を支持しました。

信仰や人種、または場所にかかわらず近代の女性はカディージャの態度から、カディージャのムハンマドを模範とする方法から豊富で有益なレッスンを得る事ができます。

近代の女性はしばしば豪華なライフスタイルに憧れて完璧な人生を開始する傾向があるかもしれないが、現実の苦難に直面した途端、彼らは最初のテストに直面して失敗するかもしれません。したがって、ヒロイン姿のカディージャから学ぶ必要があります。彼女は彼がストレスに直面した時に彼を後ろから支え、幸せの前に彼の悲しみを共有し、一緒に心地よい瞬間を楽しむ前に彼の負担に共に耐えました。

ムハンマドのカディージャへの愛

カディージャのイスラームはムハンマドの苦しみを緩和し、家庭で必要とした静けさを彼に保証しました。カディージャは神の聖なる使命の結果として物理的及び心理的両方の苦しみに直面する為に、彼が必要な勇気を採用しなければならないと認めたという重大な役割を果たしました。

これは夫が現代の課題、家族という機関とその的となる根本への脅威から夫を助ける為に、近代女性はカディージャから学ぶという役割に面しています。

ムハンマドは彼女の死後の長い間もカディージャに忠実であり。彼女が亡くなった年を「悲しみの年」と呼んだと報告されています。

預言者はよく彼女の資質についてこう言及しました。「他の者達が私の呼びかけを拒否した時、彼女(カディージャ)は私を信じてくれました。人々が私を嘘つきと呼んだ時、彼女は私の真実性を確認しました。他の者が私を見捨てた時、私の悲しみの負担を軽減するために彼女の富を費やしました。(アッティルミズィー)ムハンマドも彼女に感謝の気持ちを示す印として、彼女の死後も彼女の友人を長い間、尊重し続けました。

愛する妻が亡くなる

歴史家の中には、カディージャはムハンマドのマディーナへの移住の「悲しみの年」のラマダン月に亡くなったと伝えています。

ムハンマドはひどく彼の妻の死の結果に影響をうけ、そして彼は最愛の妻の死に際を見ながらこういったと伝えられています。「こういった状況を見ることは私にはとても重いことです。」

彼は愛、献身、忍耐とコミットメントと共に二十五年間一緒に暮らしたカディージャの死の悲しみに圧倒され、彼の家に何日も滞在しました。

最後にカディージャの宗教として、また人生の生き方としてのイスラムを採用したことは、女性と男性が何世紀にも渡り、それを精神的な規定として新しい物語として生き続けるでしょう。

カディージャは困難な時に夫の側で立ち上がった妻として、真実を受け入れることにためらいを示さなかった信者として、個人的な犠牲の異なった形態を持つ彼女の新しい信念のサポーターとして、道徳と原則によって生きた不信仰の女性として彼女自身が分かりやすい例です。彼女の例は、現代社会の若い女性が熟考に値する模範となるでしょう。

Previous article Next article