礼拝において不可欠なスンナ

1-初めのタクビールで両手をあげる

2-ルクー(お辞儀)をする前に両手をあげる

3-ルクーの後立ち上がる際に両手をあげる

4-そして四ラカートの礼拝中の第三ラカートから立ちあがった後

5-スンナで言及されるように人差し指を平行に立てる (タシャフッド)


6-人差し指をキブラの方向へ向ける(礼拝の方向、カーバ神殿へ向ける)

7-肩の高さ、両耳の高さに両手を上げる

8-右手を左手の上に、もしくは右手で左手を掴んで読誦する

9-視線をスジュッド(伏せ)の方向へ向ける

10―両足を開いて立つ(肩の幅)

11-読誦の際、言葉の意味に集中する

Previous article Next article